沿革

1979年(昭和54年)12月25日 医療法人 仁愛会を設立
1981年(昭和56年)2月 IBMコンピューター、システム/34テスト開始
1981年(昭和56年)4月 宮城敏夫病院長、徳山清公副院長 就任
1981年(昭和56年)4月7日 医療法人 仁愛会 沖縄浦添病院開院
1981年(昭和56年)7月 基準入院看護サービス承認(特2類)
1982年(昭和57年)6月 互助会設立
1982年(昭和57年)8月 医療法人 仁愛会 沖縄浦添病院を浦添総合病院に名称変更
1983年(昭和58年)4月 予算制度を導入
1984年(昭和59年)5月 人工透析開始
1984年(昭和59年)12月 救急病院に指定
1985年(昭和60年)12月 院内感染予防対策委員会発足
(昭和62年4月名称を院内感染防止対策委員会に改組)
1987年(昭和62年)7月 広報誌「ふれあい」創刊号発行
1987年(昭和62年)12月 NEC/ACOS430 導入(オーダーリングシステム開発に着手)
1988年(昭和63年)1月 理学療法部 施設認定基準認可
1988年(昭和63年)4月 東側3階健増築工事着工 同年7月完成
1988年(昭和63年)7月 ヘルスケア部発足
1988年(昭和63年)11月 二期計画に基づく増改築工事着工→平成元年12月竣工
1989年(平成元年)1月 育児休業制度を導入
1989年(平成元年)10月 組織改革(副院長3人制)
1989年(平成元年)10月 救急部(HCU)開設
1989年(平成元年)10月 健診部発足
1989年(平成元年)11月 健診センター独立棟としてオープン
1989年(平成元年)11月 適温給食サービス(浦添総合病院ユニシステム)
1990年(平成2年)4月 沖縄県病院厚生年金基金へ加入
1990年(平成2年)7月 救急24時間診療スタート(内科系・外科系)
1990年(平成2年)9月 睡眠ポリグラフ検査開始
1990年(平成2年)10月 全病棟特3類(302床)
1991年(平成3年)4月 浦添市在宅介護支援センター寿開設
1991年(平成3年)4月 睡眠外来(内科)・いびき外来(耳鼻科)の開設
1991年(平成3年)4月 睡眠外来 シーパップ療法の導入
1991年(平成3年)6月 病院老人デイケア開設
1992年(平成4年)4月 週労40時間制導入
1992年(平成4年)7月 400点業務承認
1992年(平成4年)7月 日本初の睡眠ポリグラファーの誕生
1992年(平成4年)8月 医療廃棄物適正処理委員会発足
1992年(平成4年)8月 救急診療時間短縮(内科系・外科系)
日曜、祝祭日を除く毎日8:30 ~ 22:00
1993年(平成5年)5月 院外処方箋発行
1993年(平成5年)8月 徳山清公病院長就任
1993年(平成5年)8月 つるかめ老人訪問看護ステーション開設
1994年(平成6年)3月 体外衝撃波結石破砕装置(ESL-500A/GP)
1994年(平成6年)4月 骨塩量測定装置(DCS-600)
1994年(平成6年)5月 MRI(磁気共鳴コンピューター断層撮影)
1994年(平成6年)5月 全身用コンピューター断層撮影装置(プロシード・アクセルE1)
1994年(平成6年)5月 糖尿病病診連携 (DMセンター準備室、DM専門外来の開設)
1994年(平成6年)10月 新看護 2:1 看護A(302床)
1994年(平成6年)12月 終日救急再開
1995年(平成7年)3月 医療法人仁愛会 組織改正(病棟部制施行)
1995年(平成7年)4月 病院機能サーベイ実施
1996年(平成8年)3月 自走式立体駐車場完成
1996年(平成8年)4月 形成外科診療開始
1996年(平成8年)4月 睡眠呼吸障害センター設立
1996年(平成8年)9月 老人保健施設アルカディア建築着工
1996年(平成8年)11月 3級ホームヘルパー養成研修事業開始
1997年(平成9年)4月 総合相談・地域連携センターかけはし開設
1997年(平成9年)4月 睡眠呼吸障害センターから睡眠呼吸ストレスセンターへ改名
1997年(平成9年)4月 ヘルパーステーションらくだ開設
1997年(平成9年)6月 脳神経外科常勤医師赴任
1997年(平成9年)7月 老人保健施設アルカディア開設
1997年(平成9年)7月 歯科・歯科口腔外科診療開始
1997年(平成9年)9月 沖縄県知事より救急医療貢献の表彰を受ける
1997年(平成9年)10月 助産婦外来診療開始
1997年(平成9年)10月 ストレス外来診療開始
1997年(平成9年)10月 いらはクリニック開院(院長 伊良波隆)
1997年(平成9年)11月 心臓血管外科診療開始
1998年(平成10年)1月 睡眠呼吸フォーラム 1998 IN 浦添開催
1998年(平成10年)5月 組織改革
在宅総合センター、循環器センター
消化器病センター、呼吸器センター開設
1998年(平成10年)7月 初診時特定療養費徴収(1,500円)
1998年(平成10年)9月 病院施設改築設備強化事業実施
(内視鏡の改装移転・医局の移転・病理解剖室の完成等)
1998年(平成10年)12月 RI・DSA・マンモグラフィー新機器の導入
1998年(平成10年)12月 病院機能評価(サーベイ)を受審
1999年(平成11年)2月 病院機能評価(サーベイ)認定される(一般病院種別B)(Ver.2.0)
1999年(平成11年)8月 「開放型病院」に承認される。(30床)
1999年(平成11年)9月 ことぶき 居宅介護支援事業所開設
1999年(平成11年)10月 いらはクリニック 仁愛会より独立
2000年(平成12年)1月 福岡浦添クリニック開院
2000年(平成12年)6月 一般病院紹介率30%達成
2000年(平成12年)8月 皮膚科外来廃止
2001年(平成13年)3月 特定医療法人 認可
2001年(平成13年)3月 急性期特定病院加算 算定開始
2001年(平成13年)3月 労働厚生省より臨床研修病院の指定を受ける
2001年(平成13年)4月 那覇救急医療圏病院群輪番制への救急医療の参加
2001年(平成13年)4月 救急へ整形外科、形成外科追加
2001年(平成13年)6月 地域医療支援病院 承認
2002年(平成14年)4月 脳卒中センター 開設
2002年(平成14年)4月 医用画像保存システム導入(PACS)
2002年(平成14年)10月 看護職組織編成
2003年(平成15年)3月 プロジェクト群星(むりぶし)沖縄参加
2003年(平成15年)4月 健診センター THP(トータルヘルスプロモーションプラン)開設
2003年(平成15年)7月 MRIの機器導入
2003年(平成15年)10月 管理型臨床研修病院に指定(群星沖縄)
2003年(平成15年)11月 薬剤部 当直体制スタート
2003年(平成15年)11月 常用発電装置着工
2004年(平成16年)2月 病院機能評価(更新)を受審
2004年(平成16年)4月 臨床研修医採用
2004年(平成16年)4月 グループウェア稼動
2004年(平成16年)12月 救急専用エレベータ増設
2004年(平成16年)12月 救急専用CT稼動
2005年(平成17年)4月 救命救急センター(10床)指定
2005年(平成17年)7月 ヘリ患者移送事業開始(U-PITS)
2005年(平成17年)7月 浦添総合病院健診センター新築移転
2005年(平成17年)10月 毎月勤労統計調査表彰「厚生労働大臣賞」
2006年(平成18年)3月 泌尿器科外来廃止
2006年(平成18年)3月 浦添市在宅介護支援センター寿閉設
2006年(平成18年)4月 7:1入院基本料算定開始
2006年(平成18年)5月 東3階病棟設置
2006年(平成18年)5月 初診時特定療養費徴収3,150円へ変更
2006年(平成18年)6月 DPCによる入院診療費の算定開始
2006年(平成18年)10月 仁愛会物流システム稼動
2006年(平成18年)12月 健診センター機能評価取得
2007年(平成19年)1月 施設内セキュリティ強化
2007年(平成19年)2月 敷地内禁煙の実施
2007年(平成19年)3月 読谷ヘリ基地完成
2007年(平成19年)4月 へき地医療拠点病院の指定
2007年(平成19年)4月 U-PITSに高性能小型双発ヘリコプターを採用
2007年(平成19年)4月 治験センター 開設
2007年(平成19年)4月 浦添市新生児訪問指導業務受託
2007年(平成19年)6月 南4階ハイケアユニット病床(8床)運用開始
2007年(平成19年)6月 全床解放病床へ移行(302床)
2007年(平成19年)7月 診療用エックス線装置更新(アンギオ室)
1台目 Innova 2100 IQ
2007年(平成19年)8月 医療用救急ヘリコプター離着陸場(浦添市港川)運営開始
2007年(平成19年)8月 特定集中治療室(ICU)病床(6床)運用開始
2007年(平成19年)8月 ICU(特定集中治療室)管理料算定開始(南2階6床)
2007年(平成19年)8月 診療用エックス線装置更新(アンギオ室)
2台目 Innova 3100 IQ
2007年(平成19年)9月 平成19年度救急医療功労者厚生労働大臣表彰を受ける
(厚生労働省より多年にわたる救急医療の確保に貢献したとして)
2007年(平成19年)10月 浦添市委託事業並び仁愛会付帯事業 小児デイケア“もこもこ”開園
2007年(平成19年)12月 電子カルテ導入(富士通)
2008年(平成20年)2月 ESCO 事業・サービス開始
2008年(平成20年)7月1日 福岡浦添クリニック 社会医療法人移行のため売却
2008年(平成20年)8月1日 ヘルスアップステーションうらそえ開設
2008年(平成20年)11月 病院機能評価(更新)を受審
2008年(平成20年)12月1日 ドクターヘリ運航開始(U-PITSより移行)
2008年(平成20年)12月 仁愛会もこもこ保育園開設(福利厚生)
2009年(平成21年)5月 医療ネットうらそえシステム運用開始
2009年(平成21年)6月5日 病院機能評価(更新)認定される(一般200 床以上500 床未満)(Ver.5.0)
2009年(平成21年)7月1日 脳卒中センターが脳血管・脊髄センターへ名称変更
2009年(平成21年)10月1日 沖縄県より社会医療法人の認可を受ける
2010年(平成22年)4月 乳腺センター設置(乳腺外科よりセンター化)
2010年(平成22年)5月 浦添総合病院健診センターで歯科検診開始
2010年(平成22年)5月27日 ヘルスアップステーションうらそえが厚生労働省より健康増進
2010年(平成22年)6月 訪問リハビリテーションアルカディア開設
2010年(平成22年)11月5日~6日 第21回VHJ職員交流研修会を幹事病院として沖縄コンベンションセンターにて開催する
2011年(平成23年)4月1日 ハイケアユニット(HCU)病棟の移設並びに増床(8床→16床)、それに伴い各病床数変更
2011年(平成23年)5月1日 北5階に助産師外来並びにプレママ教室リニューアルし、院内助産システム開設
2011年(平成23年)7月3日 リハビリテーション部での365日体制業務開始(日曜日・祝祭日稼働)
2011年(平成23年)9月 仁愛会もこもこ保育園拡張(定員16名→32名)
2012年(平成24年)3月3日 浦添福祉協議会より団体表彰(赤い羽根共同募金)
2012年(平成24年)3月16日 沖縄県立看護学校より看護教育推進実習施設として感謝状受賞
2012年(平成24年)4月1日 浦添総合病院健診センター 人間ドック健診施設機能評価認定(更新)(Ver.2)
2012年(平成24年)4月1日 DPC医療機関群『Ⅱ群』の適用
2012年(平成24年)4月1日 浦添総合病院ドクターカー始動
2012年(平成24年)6月1日 仁愛会職員サポートセンター開設
2012年(平成24年)6月1日 看護部の組織改編による副看護部長(4名)導入
2012年(平成24年)6月11日 仁愛会ホームページ全面リニューアル
2012年(平成24年)10月 事前指定書への普及活動開始
2013年(平成25年)1月 日本臨床検査標準協議会より、当病院の臨床検査データが標準化され精度が高いことが認められ精度保障施設として認証
2013年(平成25年)4月1日 仁愛会もこもこ保育園定員拡大(定員32名→60名)
2013年(平成25年)4月27日 久米島町より ドクターヘリの運航による、離島・へき地医療への救急医療貢献に対して感謝状受賞。
2013年(平成25年)5月7日 城田 真一 副院長 就任
2013年(平成25年)8月1日 特例病床として9床の増床が認められ、302床から311床へ。(浦添総合病院) 救命病床(10床 → 11床)、HCU(16床 → 24床)
2013年(平成25年)8月1日 スポーツ・関節外科センター開設
2013年(平成25年)11月 産科休診
2014年(平成26年)2月12日 病院機能評価(更新)を受審・認定(3rdG Ver.1.0一般病院2)
2014年(平成26年)4月1日 浦添総合病院健診センターISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得(県内医療機関初)
2014年(平成26年)4月1日 婦人科休診
2014年(平成26年)4月1日 初診時特定療養費徴収 3,240円へ変更
2014年(平成26年)5月1日 浦添市地域包括支援センターみなとん開設
2014年(平成26年)5月2日 病院機能評価(更新)認定証交付(機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0)
2014年(平成26年)7月1日 浦添市指定 浦添市地域包括支援センターみなとん
2014年(平成26年)7月23日 沖縄県ワークライフ・バランス企業として認定される
2014年(平成26年)8月1日 HCU病床数変更(24床 → 16床)。これに伴い一般病床数を278床へ変更
2014年(平成26年)8月1日 術前検査センター 開設
2014年(平成26年)9月 那覇市長より救急医療の推進に貢献したとして感謝状を受ける
2014年(平成26年)9月7日 うるま市消防長より救急医療への貢献等したとして感謝状を受ける
2014年(平成26年)9月9日 総務大臣より救急業務の推進に尽力したとして救急功労者表彰を受ける
2014年(平成26年)12月1日 社会医療法人仁愛会 あさと大腸・肛門クリニック 開設(院長 徳嶺章夫)
2014年(平成26年)12月2日 浦添総合病院にて県内初(病院としては全国初)の「(NEC)クラウド型ビデオ通訳サービス」(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語)が導入された。
2015年(平成27年)2月4日 平成26年度エネルギー管理功績者及びエネルギー管理優良工場等沖縄総合事務局長表彰式において、浦添総合病院が優良事業場として表彰される。
2015年(平成27年)3月1日 いぶき居宅介護支援事業所 開所
2015年(平成27年)4月 浦添総合病院 MRI 2台目導入
2015年(平成27年)4月1日 浦添総合病院健診センター 日本総合健診医学会人間ドック健診専門医研修施設認定
2015年(平成27年)5月28日 在宅総合センター カフェ「おともだちの和」スタート
2015年(平成27年)6月1日 社会医療法人仁愛会 浦添胃腸科外科医院 開設(院長 新里 誠一郎)
2015年(平成27年)6月1日 浦添総合病院に腎臓内科外来を開設
2015年(平成27年)6月12日 沖縄県より地域災害拠点病院に指定される
2015年(平成27年)8月1日 予約センターへ音声応答転送装置の導入
2015年(平成27年)8月1日 PACS切り換え
2015年(平成27年)8月20日 沖縄県より新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、指定地方公共機関として指定される
2015年(平成27年)9月1日 仁愛会もこもこ保育園が浦添市事業所内保育事業認可保育園に認可される
2015年(平成27年)9月1日 乳腺センター外来を1階から5階へ移転
2015年(平成27年)10月 ロボットスーツHALⓇ(介護支援用腰タイプ)導入(ヘルパーステーションらくだ)
2015年(平成27年)10月1日 浦添胃腸科外科医院 移転開設(屋富祖→内間)
2015年(平成27年)10月16日 リハビリテーション部の「果汁500%サークル」が「QCサークル沖縄県知事賞」を受賞
2015年(平成27年)12月1日 EPAに基づく介護福祉士候補者の受け入れ開始
2016年(平成28年)2月9日 公益社団法人 日本水難救済会より銀色名誉有功表彰を受ける
2016年(平成28年)2月18日 ラオス人民民主共和国セタチラート病院より感謝状を受ける
2016年(平成28年)3月1日 電子カルテ入替え(株式会社ソフトウェア・サービス)
2016年(平成28年)4月16日 熊本地震へのDMAT派遣
2016年(平成28年)6月1日 銘苅晋 副理事長就任
2016年(平成28年)6月1日 福本泰三病院長、伊藤智美副院長兼看護部長 就任
2016年(平成28年)6月1日 浦添総合病院健診センター特定健診・特定保健指導クリニック
アクティLIFE開設(浦添市経塚652-1サンエー経塚シティ1階)(院長 久田友一郎)
2016年(平成28年)6月1日 棚田文雄 介護老人保健施設アルカディア施設長 就任
2016年(平成28年)6月1日 小島正久 浦添総合病院健診センター長 就任(平成28年8月1日より役職を院長へ変更)
2016年(平成28年)7月1日 浦添市地域包括支援センターさっとん開設
2016年(平成28年)7月14日 生活困窮者自立支援法に基づく就労訓練事業認定
介護老人保健施設アルカディア
介護老人保健施設アルカディア通所リハビリテーション
2016年(平成28年)8月1日 伊志嶺朝成、藏下要、仲吉朝邦 副院長就任
2016年(平成28年)10月18日 厚生労働大臣より毎月勤労統計調査の指定事業所としての協力及びその成績が優秀に対する表彰状を受ける
2016年(平成28年)11月1日 あさと大腸・肛門クリニック再開
2016年(平成28年)11月7日 新病院建設予定地決定(浦添市前田)
2016年(平成28年)12月8日 「ラウンドナース」導入
2016年(平成28年)12月28日 ドクターヘリ基地移転(読谷村→浦添市港川越地原512-23)
2017年(平成29年)1月18日 アメリカ海兵隊長よりドクターヘリ米海兵隊CV16訓練の参加に対する感謝状を受ける
2017年(平成29年)1月27日 沖縄県知事よりドクターヘリ等添乗医師等確保事業の貢献に対する感謝状を受ける
2017年(平成29年)2月28日 病床機能集約により、あさと大腸肛門クリニック14床から無床へ浦添胃腸科外科9床から無床へ
浦添総合病院311床から334床へ
2017年(平成29年)3月1日 ICU病棟1床あたり病床広さ変更(約15㎡→20㎡)
2017年(平成29年)3月31日 医療機能集約により、あさと大腸・肛門クリニック及び浦添胃腸科外科医院 閉院
2017年(平成29年)4月1日 日本臨床細胞学会より日本臨床細胞学会認定施設の指定を受ける
2017年(平成29年)5月1日 浦添総合病院334床で稼動(北5階病棟22床→45床へ)
2017年(平成29年)6月 浦添市地域包括支援センターみなとん、浦添市地域包括支援センターさっとんによる、ボランティア育成塾スタート
2017年(平成29年)7月21日 海上保安庁長官より洋上救急協力者に対する感謝状を受ける
2017年(平成29年)7月24日 厚生労働大臣より献血運動推進功労者表彰を受ける
2017年(平成29年)8月1日 介護老人保健施設アルカディア 在宅復帰強化型老健へ
2017年(平成29年)8月25日 浦添総合病院が沖縄県離島振興協議会会長並びに鹿児島県市町村総合事務組合管理者より離島住民の人命救助と民生安定に尽力されたことに対する感謝状を受ける
2017年(平成29年)10月15日 浦添総合病院が厚生労働大臣より臓器移植対策推進功労者表彰を受ける
2017年(平成29年)12月1日 内閣府企業主導型保育事業 にこにこ保育園開園
2017年(平成29年)12月4日 浦添総合病院血管撮影センター開設
2017年(平成29年)12月9日 浦添総合病院が厚生労働省より看護師の特定行為研修施設として認定される
2018年(平成30年)3月3日 在宅総合センターが第41回浦添市社会福祉大会長より地域福祉の向上に尽力されたことに対する表彰状を受ける
2018年(平成30年)3月4日 介護老人保健施設アルカディア創立20周年記念講演会開催
2018年(平成30年)3月26日 仁愛会が沖縄県より介護職員初任者研修事業者指定を受ける(指定番号第30-43-1号)
2018年(平成30年)3月29日 仁愛会が沖縄県より喀痰吸引等研修登録研修機関としての登録(登録番号4710016)
2018年(平成30年)4月1日 ことぶき居宅介護支援事業所、つるかめ訪問看護ステーション
いぶき居宅介護支援事業所が移転
2018年(平成30年)4月1日 浦添総合病院入退院支援室開設
2018年(平成30年)4月3日 浦添総合病院看護師特定行為研修開講
2018年(平成30年)5月10日 浦添総合病院健診センター リニューアルオープン
2018年(平成30年)6月1日 いぶき居宅介護支援事業所が、ことぶき居宅介護支援事業所に統合
2018年(平成30年)6月1日 仁愛会が公益社団法人浦添市シルバー人材センター理事長より同センターの運営発展に寄与したことに対する感謝状を受ける
2018年(平成30年)6月3日 仁愛会が沖縄県登録研修機関として、介護職員による喀痰吸引等研修事業開始
2018年(平成30年)7月 ヘルスアップステーションうらそえを、介護老人保健施設アルカディア通所リハビリテーション内に移管
2018年(平成30年)8月18日 仁愛会が沖縄県研修指定事業者として、介護職員初任者研修事業開始
2018年(平成30年)8月23日 浦添総合病院が公益財団法人沖縄県アイバンク協会理事長より臓器移植・献眼の推進に対する感謝状を受ける

▲TOPに戻る