浦添総合病院 トップ > 研修医・医学生向け > 医学生の皆さんへ
医師
医師
研修医・医学生向け
医学生の皆さんへ 臨床研修の概要 初期研修について 後期研修について イベントスケジュール
看護師・看護学生向け
看護師・看護学生向け
技師
技師
マネジメントスタッフ
マネジメントスタッフ
助手・その他職種
助手・その他職種
採用イベント情報
採用イベント情報
お問合せ・応募フォーム
お問合せ・応募フォーム

facebook

研修医・医学生向け

医学生の皆さんへ(理事長・病院長からのメッセージ)

理事長 宮城 敏夫

 私は学生時代から「学者ではなく臨床医を目指す」を一貫してきました。 しかし、卒後は大学の外科教室に入局したので、内科診療の教育・指導を受けた記憶がほとんどありません。外科以外の診療については外科の先輩に時々教わるか自己学習でしか知識技術を習得する術を持ち得なかったのです。ところが昭和50年(卒後7年目)に父母の郷里の沖縄に戻り、沖縄県立中部病院2年目の研修医と仕事をするうちに、自分の臨床能力のなさを痛感すると同時に臨床研修の重要性を思い知らされました。  以来、立場は臨床医から経営者になっても「私が出来ることはしなければならない」との思いを持ち続けてきましたが、残念ながらなかなか思うようになりませんでした。  しかし、新臨床研修制度が開始された平成16年度より浦添総合病院は、宮城征四郎前沖縄県立中部病院長をリーダーとする群星プロジェクトの参加病院として、12名の研修医が5年連続フルマッチしています。今、若い力が院内に躍動し、ようやくにして長年の思いが今まさに現実のものとなりつつあり、言葉に言い尽くせない喜びを感じています。  優れた臨床医(専門医である前に総合診療医)を世に送出すことが仁愛会の使命です。病院幹部や指導医には、知識技術の豊富さのみではなく、人間性豊かな良医を育成するようお願いしています。そのために私ができる最大限の努力を惜しまないつもりです。
 臨床研修のさらなる充実を一緒に追い求めていきましょう。

病院長 福本 泰三

 浦添総合病院では「チーム医療を実践し、患者様やそのご家族から真に信頼される医師、幅広い医療活動を通じ基本的な診療能力を身につけた総合臨床医を育成する。」という研修理念に基づき病院全体で研修医の教育に取り組んでいます.初期研修の2年間ではではたくさんのcommon diseasesの臨床経験を積み上げ,generalistとしての礎を築くことが大きな目標です.さらに後期研修ではcommon diseasesの診療能力を更に高め,general な診療が得意なspecialistを目指して地域医療に貢献できる医師に育っていただきたいと考えております.初期研修の2年間のみではなく引き続き後期研修も浦添総合病院で希望される医学生の方,大歓迎です.

研修管理委員長 蔵下 要

医学生の皆さまへ
「群星(むりぶし)沖縄群」は2017年度より徳田安春先生をセンター長として迎えます.浦添総合病院はその群星沖縄群プロジェクトの基幹病院の一つとして,毎年全国各地から研修医を受け入れています.指導医の出身大学も偏りがなく,様々なバックグラウンドを持った個性豊かなスタッフが熱意を持って研修医の指導にあたります.また医師,看護師,メディカルスタッフとの間の密なコミュニケーションと情報共有のもとに行われる「チーム医療」のあり方もここでぜひ学んでもらいたいと考えています.
当院の初期研修プログラムの特徴は,プライマリ・ケア研修に重点を置き、初期研修医が身につけるべき基本的な臨床能力の習得を重視しているところです.救命救急センターが受け入れている救急受診患者数は一次から三次まで年間3万人を数え,そのほとんどの初期診療に研修医が関わります.ドクターヘリやドクターカーでの病院前救急診療の研修も可能です.①当直は上級医による直接指導の下に行われること,②診療上の疑問や問題点に対して即座にfeed backがあること,③診療科間の垣根がなく研修医でも気軽にコンサルトしやすい環境にあることなどが研修医達から寄せられた当院の魅力です.地元の琉球大学医学部の学生はもちろん,全国の医学生の皆さんの見学をお待ちしております.
後期研修を希望される皆さんも歓迎しております.研修内容や専門医プログラムなどについては当院の教育研究室にお問い合わせください.見学も随時受け付けております.
当院では研修医としての知識や技術の習得のみならず,全国から集った多くの仲間や指導医達,共に働くメディカルスタッフ達との関わりの中から人間的にも大きく成長してもらいたいと考えています.
医師としての第1歩をここ浦添総合病院から踏み出してみませんか?