浦添総合病院 トップ > 病院に来られる方へ > 診療科のご案内 > 放射線科

放射線科

診療内容

●画像診断業務:おもにCT、MRI、核医学検査の画像について画像診断を行います。
●画像下治療(インターベンショナルラジオロジー):悪性腫瘍に対し動脈にカテーテルを挿入し、抗腫瘍薬を注入する治療や、外傷や消化管出血に対する止血術、手術前に特定の血管を塞栓することで手術の補助を行うなど手技を行います。
●ラジオアイソトープ治療:甲状腺癌術後の放射性ヨード(1,110MBq)による外来アブレーション治療を行っています。

診療特色

当病院では64列MDCT、1.5テスラMRIをそれぞれ2機保有しており、検査効率を高めることで、検査予約の待ち期間を短縮させています。診断のための検査や、手術前の準備の検査スケジュールを短縮させることで、入院期間や治療にかかる期間全体の短縮を目指しています。
病病・病診連携においても出来るだけスピーディーにご依頼に対応します。単純CTに限り夜間、休日の紹介検査も対応可能です。
画像下治療は夜間、休日もオンコール体制により突発的に発生する事故などに備えています。

医療機器・設備

MRI:GEヘルスケア・ジャパンSIGNA TwinSpeed 1.5T(1.5テスラ)×1台
   Optima MR450W(1.5テスラ)×1台
CT :キャノンメディカルシステムズ Aquilion CXL(64列)×2台
DSA:島津 Trinias B12 ×2台
核医学:キャノンメディカルシステムズ symbia E(SPECT)×1台

担当医師と専門分野等

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
宮良 哲博
みやら てつひろ
平成14年 放射線科診断一般 日本医学放射線学会 放射線科診断専門医
宜保 慎司
ぎぼ しんじ
平成15年 放射線科診断一般 日本医学放射線学会 放射線科診断専門医
中俣 彰裕
なかまた あきひろ
平成22年 放射線科診断一般
(更新:2019年4月12日)