浦添総合病院 トップ > 病院に来られる方へ > 診療科のご案内 > 臨床検査科

臨床検査科

臨床検査科とは

医師が病気を診断し治療していくためには、患者様の身体の状態を知らなければなりません。身体の状態を知るためには、それにまつわる様々なサインを確認していくことが大切です。この様々なサインを確認する為に診察が行われ、それらを確かめるために臨床検査が行われます。
患者様の身体からでるサインは、様々な形で表れます。尿や便、あるいは血液や採取された臓器の一部などです。これらのサインは検査を通して把握し、病気の原因の追求を行うことが臨床検査の重要な役割となります。臨床検査は病気の診断だけでなく、治療の方針を決める大きな手助けにもなります。治療経過の確認や重症度の判定、回復の度合いなどにも利用されています。

診療内容

臨床検査の質の向上に向けてのサポートや臨床検査部の適正な管理運営がなされているかどうかをチェックすることが主な役割です。臨床検査技師からのコンサルテーションや指導・教育、さらには臨床医や看護師、他の医療スタッフからのコンサルテーションも受けます。

診療特色

当院の臨床検査部は24時間365日、迅速に正確なデータを臨床側へ報告するシステムを取っており、臨床検査科はそれを運営するための管理面、臨床データの解釈などのサポートを行っております。

医療機器・設備

●生化学分析装置:ビトロス 4600(オーソ)、BM6050(日本電子)
●免疫測定装置:アーキテクトi2000SR、i1000SR(アボットジャパン)
●血液分析装置:XE-5000、SP-1000i(シスメックス)
●凝固・線溶分析装置:STACIA (LSIメディエンス )
●輸血システム:オートビューシステム(オーソ)
●超音波測定装置:ViVid 9 LOGIC 9(GE横河)等
●MRI装置:SIGNA TwinSpeed 1.5T、OPTIMA450w 1.5T(GE横河)

担当医師と専門分野等

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
嘉手納 啓三
かでな けいぞう
昭和51年 消化器内科 日本内科学会 認定医
臨床検査管理医セミナー受講修了