理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 採用

採用情報

  理学療法士   

 リハビリテーション部/正職員(2022年度入職者対象)

 リハビリテーション部/正職員(2023年4月入職者対象)

  作業療法士   

 リハビリテーション部/正職員(2022年度入職者対象)

 リハビリテーション部/正職員(2023年4月入職者対象)

MESSAGE


リハビリテーション部 科長代行 髙安信吾


リハビリテーション部では、患者様第一のリハビリテーションサービスの提供を基本方針とし、患者様の安全確保・利益追求・満足度向上を目指し、日々業務に取り組んでいます。高度急性期を担う総合病院の特色を活かし、入院後早期から各診療科専門医と連携しリスク管理を行いながら365日体制でリハビリテーションを展開しています。
また、働き甲斐のある職場作りを目指し、ワークライフバランスの充実とキャリアデザインの支援にも取り組んでいます。各領域のスペシャリストかつ、高度急性期から生活期まで幅広く対応できるジェネラリストの育成をするべく人財育成に注力しています。
ともに切磋琢磨しながら働ける仲間をお待ちしてます。

STAFF INTERVIEW


治療の先にある未来に向かって歩き出す一歩を共に

和田将平(理学療法士) 2020年入職

Q1 仁愛会を選んだ理由を教えてください。

3次救急病院であり、幅広い疾患や多様な患者様をみられ機能回復の一助となれることです。
また、2023年には新病院の立ち上げメンバーとして新しい病院で働きたいと思ったからです。仁愛会は未来に進んで日々進化していく法人だと思っています。

Q2 仁愛会はどんな職場でしょうか?

自部署だけではなく、他部署もスタッフ同士が仲良く、和気あいあいとしてる職場だと思います。急性期病院での意見を話し合える環境では医療チーム一丸となって患者様を良くしている実感を得られるところが、とてもやりがいを感じています。

Q3 仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えてください

救急車で入院し、最初はベッド上での制限や車いす移動を行っている方が、笑顔で歩いて退院していく姿を見ていて、「やってて良かった!」と嬉しくやりがいを感じます。また、「リハビリさん!ありがとう!」って言ってもらえるリハビリテーションを提供できるように心がけています。

Q4 入職希望者へメッセージをお願いします。

3次救急病院として、楽しい事だけではありませんが、患者様の回復を側で感じる事ができ、辛い時期をともに乗り越え、治療の先にある未来に向かって歩き出す一歩を共感できます。
ぜひ、皆さんと一緒に働けることを楽しみに待っています。

男女ともに仕事と家庭の両立を行いやすい職場

上原奈都美(作業療法士) 2016年入職

Q1 仁愛会を選んだ理由を教えてください。

新人教育の過程が充実していることや多施設への出向経験が行えるということ、そして何よりも3年働けば他の病院に行っても通用する技術・経験が出来るという事を就職説明会で説明を受け、強く魅力を惹かれました。また、急性期病院ということで多種多様な疾患を診れるという強みも一つの希望理由です。 

Q2 仁愛会はどんな職場でしょうか?

年休消化率100%を推奨していたり、男性の育児休暇取得を進めていたりと、男女ともに仕事と家庭の両立を行いやすい職場です。私自身、1年目の頃に産休・育休と取得しましたが、周囲のサポート体制が手厚く、安心して子育てを行えました。復職後も急な子供の体調不良でも、心配なく周囲に頼ることができ、6年目の今でも楽しく働き続けることが出来ています。

Q3 仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えてください

特に大切にしていることは、”患者さんの立場になって対応すること”と”楽しみながら仕事をすること”です。患者さんにとって入院中の数少ない他者との関わりの時間であり、その時間をただツラい・キツイと思わせるのではなく、疲れるけど楽しかったと思ってくれた方が、リハビリの励みにもなり入院中の不安の除去にも繋がると考えているからです。その中で、患者さんの笑顔が見れたり、「ありがとう」の一言が一番のやりがいです。

Q4 入職希望者へメッセージをお願いします。

仁愛会は、急性期病院ということで患者さんの回転率が速く1年目のうちは覚えることが多く本当に自分がやりたいことはここで当たっているのかと悩むことも多いです。ですが、先輩方が優しくサポートしてくれて数年後にはこの職場で働いていてよかったと思えるような職場です。ぜひ、あなたも一緒に働いて地域の方々へ貢献していきましょう。

患者様ひとりひとりと歩幅を
合わせてリハビリを行うことが大切

久場智恵(言語聴覚士) 2011年入職

Q1 仁愛会を選んだ理由を教えてください。

在宅医療のニーズが高まっている昨今、いずれは訪問リハで従事したいと考えていましたが、まずは内部疾患の知識を得たいと考え、急性期にしぼって就職活動を行いました。浦添総合病院を見学した際、いきいきと活躍されているリハビリスタッフをみて、私もここで働きたいと思い就職しました。

Q2 仁愛会はどんな職場でしょうか?

他職種での情報共有のしやすさが特徴だと思います。特にリハビリ室は各職種で分かれておらず、ディスカッションしやすい環境だと感じます。また、新人教育も手厚く、知識・経験を増やすには良い職場だと思います。

Q3 仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えてください

急性期では、発症前と一変した入院生活が始まる患者様が多く、身体面だけではなく精神面でのサポートも必要な場面があります。患者様ひとりひとりと歩幅を合わせてリハビリを行う事が大切だと思っています。また、嚥下障害の患者様がより安全にお食事を召し上がれるように関わることにやりがいを感じています。

Q4 入職希望者へメッセージをお願いします。

当院では、再発予防、合併症予防に最大の注意を払いながら、患者様に合わせたチームリハビリが経験できます。さまざまな疾患、患者様に関わりながら自己練磨に励むことのできる環境だと思います。患者様が笑顔になれるようなより良いリハビリを提供できるように一緒にがんばりましょう。

部署紹介資料