浦添総合病院 神経内科に興味を持ってくださったあなたへ

私と一緒に浦添総合病院で働く神経内科医を探しています。
私は、浦添総合病院で「持続可能性をもって患者様に不利益を与えない神経内科」を実現したいと思っています。しかし、今、病棟に神経内科医は私一人です。一緒に働いてくれる医師を探しています。

まずは「平日日中、きちんと対応できる神経内科」を実現するために、あなたの力を貸してください。
浦添総合病院は、あなたの希望をきちんと聞いて、お互いに納得できるように話し合ってから条件を決めていく病院だからです。そして入職後も、状況を話し合って仕事の量や内容を常に見直しています。

当直やオンコールができない?
週5回は働けない?
フルタイムは無理?

どれも、浦添総合病院で働けない理由にはなりません。
あなたの力を、無理のない範囲で、私たちに貸してください。

一人でできないことも、二人なら、三人なら、あなたとなら、できることになります。
いきなり、浦添総合病院にコンタクトを取ることに気後れするあなたは、私に連絡をください。
私は、あなたと一緒に、神経内科をやっていきたいです。

※当院は日本神経学会の教育施設・準教育施設ではないので、現時点では残念ながら専門医取得の要件を満たすことはできませんが、近い将来、施設認定を目指しています。

神経内科 眞喜志直子

実績

診療実績

入院では、代表的な脳血管障害やてんかん、正常圧水頭症の他、レビー小体型認知症、CIDP、Miller Fisher症候群、抗SRP抗体陽性筋炎等の実績があります。
また、入院コンサルトでは他科と連携し対応します。脳血管障害やてんかん等への対応の他、COVID-19関連脳症や抗横紋筋抗体陽性筋炎合併重症菌無力症の症例実績があります。

学会活動

2022年4月16日 日本内科学会総会 内科ことはじめ 
抗血栓薬変更後にTIAを生じた奇異性脳塞栓症の一例」 小林史明、眞喜志直子

2022年5月28日 日本内科学会九州地方会 
急性期アテローム血栓性脳梗塞を契機とした急性症候性発作により意識障害を来した一例」 眞喜志直子

2022年8月27日 日本内科学会九州地方会 
BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチンブースター接種後にGuillain-Barre症候群を発症した一例」 
中村旭宏、大嶺幹、眞喜志直子、鈴木智晴、那須道高

掲載メディア

【沖縄】ワクチン接種会場で流すスライドを制作、「情報のワクチン」拡散を目指す-眞喜志直子・浦添総合病院神経内科医師に聞く◆Vol.1 (m3.com)  https://www.m3.com/news/kisokoza/989612

【沖縄】学校「保健便り」を病院が作成、正しい情報を家庭に届ける-眞喜志直子・浦添総合病院神経内科医師に聞く◆Vol.2 (m3.com) https://www.m3.com/news/kisokoza/989613