看護部 インタビュー 入退院支援課

患者さんがより自分らしく
生きることを看護師として支える

入退院支援課
石川 千晶  2005年入職

Q1 仁愛会を選んだ理由を教えてください。

24時間救急の充実や地域の中核病院としての役割をもった地域支援病院であり、高い専門性、かつ地域密着性があるため、深く幅広い学びが得られると考えたため浦添総合病院に入職しました。

Q2 仁愛会はどんな職場でしょうか?

多職種でカンファレンスを行いながらの医療展開で、チームの連携により質を高めながらゴールを目指していくことができるチーム力の高い職場だと感じています。どの分野のスタッフもとても専門性が高く、みな相談・協力しやすく、信頼できる仲間に囲まれています。

Q3 仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えてください

患者様を取り巻く身体的・精神的・社会的背景はもちろんですが、治療の中心・主人公は患者様ご本人であることを一番に意識し、ご本人の想いや意向を大切に介入するよう心がけています。
地域で暮らす住民が急性期治療終了後、早期に元居た住み慣れた場所へ帰ることができるよう、地域を支える方と連携を図り、笑顔で退院されていく姿を見るとやりがいを感じます。

Q4 入職希望者へメッセージをお願いします。

様々な分野での挑戦や自己研鑽ができる環境が整った働きがいのある職場だと思います。たくさんの仲間と一緒に学びを深めながら、あなたが生き生きと輝く場所や分野・やりがいを共にみつけていきませんか?