北3階病棟 T.Kさん

インタビュー

家庭と仕事の両立ママ代表

北3階病棟 T.Kさん/2008年入社

1.仁愛会を選んだ理由はなんですか。

看護学生の頃、先輩や学校の教員から、新人教育に力をいれていると聞き、勧められたことがきっかけです。
急性期医療を担い忙しさや厳しい環境の中だが、教育体制が整った当院で看護師のキャリアを積みたいと思いました。

2.仁愛会に入職してよかったことはなんですか。

産休・育休を3回経験し子育てをする中で、復職後仕事と育児の両立ができるか不安を抱えた時期があり、退職の選択も検討しましたが、上司の理解やアドバイスがあり、仕事スタイル(勤務時間の調整など)を変更し両立することができとても感謝しています。
上司が、一人ひとりの看護師キャリアを把握していて、成長を導いてくれます。現在は、学生や後輩育成のポジションをなり、それが自分自身の看護師像のビジョンを見つめなおすきっかけにもなっています。
これからももっと成長し続けたいと思っています。


3.やりがいを感じるときはどのようなときですか。

看護師の仕事は、患者さんと向き合う中で、成長させてもらえると日々感じています。
患者さんに名前を覚えてもらったとき、ありがとうと言われたときは、素直に嬉しい気持ちになります。
これから、後輩のモデリングになれるよう知識・スキルを磨き、患者さんへの思いやりを大切にした看護を、そして、チームで楽しく看護ができるような環境づくりをしていきたいと思います。

4.あなたの部署のよいところを教えて下さい。

一人ひとりがチームのメンバーに対して思いやりがあり、助け合い精神が高いところに魅力を感じています。
個々のライフスタイルは異なるが、子育てメンバーへの理解も高く、「何か手伝うことある?」「帰れる?」等、上司やメンバーの気遣いにはとても感謝しています。忙しくて残業で終わる日にはぐったりすることもあるが、このような環境だからこそ、次の勤務も頑張ろうという活力になっています。