インタビュー

認定看護師代表

ICU病棟 K.Mさん/1998年入社

1.仁愛会を選んだ理由はなんですか。

看護学生の頃の実習で、先輩看護師のプロフェッショナルな姿を見て、私もここで一緒に成長したいと思いました。
また、医師とディスカッションしやすい環境が素敵だと思い、入職を決めました。

2.仁愛会に入職してよかったことはなんですか。

  • たくさんのことにチャレンジできる。
  • 多職種と共同しながら、患者さんのケアが実践できる。
  • 色々な職種のプロフェッショナルがいて、とても勉強になる。
  • 患者さんにとって良いケアをみんなで考え実践できる。
  • ずっと学び続けられる。

3.やりがいを感じるときはどのようなときですか。

  • 患者さんがよくなっていく課程をみているとき
  • 患者さん、そのご家族の笑顔を見たとき
  • チームで患者さんに対するプランを考え、実践しているとき
  • スタッフが笑顔で患者ケアを実践している場面を見たとき
  • 患者、そのご家族から、元気になったという知らせを頂いたとき

4.あなたが認定看護師を志したのはどうしてですか?

入職してからずっと、集中系病棟で勤務してきました。そんな中、私達が行っている看護は、正しいのか?もっと質の高い看護を実践するためには何をすべきかと悩んだことがあります。
その時、集中ケア認定看護師という存在を知りました。私も学んでみたい、学ぶことでみんなともっと集中治療の質の高い看護が実践できるかもしれないと考え、認定看護師を志しました。
集中ケア認定看護師を取得して11年目になります。今では、自分自身でも納得できる集中治療の看護を、みんなで実践できていると感じております。
今後もみんなとともに成長しながら、ケアの質向上に寄与していきたいです。

インタビュー一覧へ