新人看護師の一年

─新人研修プログラム─

看護師の仕事は、現場のなかで覚えていくべきことがたくさんあります。
新人看護師の不安を和らげ、看護技術の確実な習得を支援するため、当院ではプリセプターシップやメンター制度を採用しています。
知識・技術・態度の基本技術を修得し、看護実践能力が確実なものになるよう厚生労働省の「新人看護師職員研修ガイドライン」に沿った集合研修を実施しています。

─キャリアアップ研修─

看護師一人ひとりが、自立・自律できるように、経験を重ねるプロセスを支援します。
地域医療の一員として看護の立場で将来を展望できる看護実践の能力を目指して、クリニカルラダーを活用しています。
当院では、「新人看護職員研修ガイドライン(厚生労働省)看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」をふまえて研修を行っています。

LEVEL.I
助言を得ながら、基本的な手順に従い看護を実践する。
基本的援助を安全実施する。
組織の一員であることを自覚し、関わる人々に丁寧な対応をする。

LEVEL.II
自分で状況を判断して、標準的な看護計画に基づき看護を実践する。
看護過程をふまえて、標準的な看護を展開する。
チームメンバーとして所属部署で責任ある行動をとる。

LEVEL.III
ケアの受け手に会う個別的な看護を実践する。
看護過程をふまえて、より複雑な状況にある患者の看護を展開する。
支援を受けながらチームリーダーとして行動する。

LEVEL.IV
対象の全体像を把握し、見通しを立てて看護を実践する。
入院前後の生活背景の視点も含め、多職種と連携して看護を展開する。
チーム活動を推進し、チームリーダーとして行動する。

LEVEL.V
対象の生活上のニーズと医療者のニーズを統合した看護を実践する。
患者の生活の可能性を広げるケアを考え、よりよい看護を展開する。
多職種と連携しながら、メンバーと協働して目標達成に向けて行動する。