浦添総合病院 トップ > 医療関係者の方へ > 医療連携について

医療連携について

病診連携・病病連携

当院では、医療相談・医療連携支援室「かけはし」を窓口として、他医療機関の情報提供、かかりつけ医の紹介、受診相談、リハビリテーション目的での転院調整等の連携事業を行なっています。

▲TOPに戻る

かかりつけ医について

かかりつけ医をおもちで無い方は、職場や家庭に近いかかりつけ医をご紹介しています。
かかりつけ医からのご紹介で入院された方は、退院後もかかりつけ医のもとで継続治療が受けられるように、常に情報交換し連携を保ってまいります。

▲TOPに戻る

開放型病院について

当院は1999年に開放型病院として承認され、登録いただいた地域の先生方との共同診療をはじめ医療機器などの設備開放を行なっております。登録医のご契約やご利用についてのサポートをさせていただきます。
登録いただいた医師と当院の医師・コメディカルで「メディカルネットワーク21」を立ち上げ組織化しています。病病・病診連携、機能分担に基づいた医療チームの連携の充実・強化を図り、地域医療の向上を目指しての活動を行なっています。医療相談・医療連携支援室「かけはし」はその事務局としての機能を併せもっています。

▲TOPに戻る

転院・退院の支援について

当院では主に急性期の治療を中心としています。状態が安定したら患者様の状況に応じて、回復リハビリテーション専門の病院や、療養病院、老人保健施設、居宅介護支援事業所等適切な機関へとご紹介していきます。

▲TOPに戻る

情報発信について

地域医療支援病院としての機能・サービス内容・特色などを地域へ向け発信し、連携システムづくりを行なっていきます。連携の基礎として、ご紹介いただいた患者さまの情報を管理し、紹介元へのスムーズな情報提供をめざしております。

▲TOPに戻る