救急救命士 採用

採用情報

 浦添総合病院:災害救急情報管理室/正職員(2022年度入職者対象)

STAFF INTERVIEW


同じ現場はひとつもない。
だからこそ大切な「チーム医療」

崎浜秀  2016年入職

Q1 仁愛会を選んだ理由を教えてください。

浦添総合病院は3次救急医療機関であり救命救急センターとして沖縄県の救急医療を支えています。またドクターヘリやドクターカーも有しており病院前救急診療でも活動を行っております。そのような環境の中で、救急救命士として人の命を救いたいと思い浦添総合病院へ入職しました。

Q2 仁愛会はどんな職場でしょうか?

病院前救急診療では、交通事故現場や爆発、作業中の事故、火災現場等があり緊迫した現場での活動がほとんどです。そして、私たちがかけつける場所に、「同じ現場」は存在しません。10人の傷病者がいれば、10通りの病気やケガ、処置があります。そのような現場の中ではお互いの信頼関係がないと活動が出来ません。普段から同僚の救命士とコミュニケーションを取ることはもちろん、医師や看護師とも活動後のフィードバックを行いチーム医療を大事にしている職場です。

Q3 仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えてください

患者様や家族に寄り添った対応を心掛けています。救急現場では、家族が倒れたり、突然痛みが出たりと患者様本人、ご家族が不安になることが突如発生します。その不安を少しでも取り除けるよう処置を行う際にも声掛けしながらを行い、家族にも声掛けし様子を伺いながら対応しています。自宅搬送等も行っており、患者様を家族の元へ送った時の本人様や家族からの『ありがとう』と言うお言葉を頂けた時はやりがいを感じます。

Q4 入職希望者へメッセージをお願いします。

2021年に救急救命士法が改正され医療機関の中でも救急救命士が業務を行うことが一部可能となりましたがまだまだ発展途上の資格でもあります。これからの救急医療は需要が増えてきますが供給が追い付かなくなるのが現状です。医師、看護師やその他職種とともにチームとして乗り越えていかなければなりません。そのチームの一員として一緒に沖縄の救急医療を支えましょう。

今、何がbestな対応なのか
を常に考えて行動する

都丸和佳乃 2021年入職

Q1 仁愛会を選んだ理由を教えてください。

救急救命士の資格を活かせる職種は消防機関が一般的ですが、浦添総合病院は救急救命士も雇用しており、また、救急救命士としての資格を十分に活かした職務ができると感じたので浦添総合病院にしました。他の医療機関での求人もありましたが、幅広い業務と沖縄県の救命救急センターとして救急救命士を雇用している病院は浦添総合病院だけでした。

Q2 仁愛会はどんな職場でしょうか?

個人的な意見ですが、新しいことにチャレンジし、それをすぐに実行する力のある職場だと感じています。昨今の新型コロナウイルス感染症の対策、そのための病床確保や各科間の柔軟な対応と協力的意識を感じました。救急分野が強みということもあり、即時判断、迅速な行動力があると感じます。

Q3 仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えてください

対応した患者様より感謝の言葉を頂けた時には、「この仕事を選んで良かった」と心から感じます。患者様、そしてご家族や関係者様にとっては苦しく、辛いことが多い救急現場ですので、心から寄り添い仕事をすることを意識しています。患者様や関係者様にとって今、何がbestな対応なのかを考え、先輩に報連相しながら仕事を行うことを意識しています。   

Q4 入職希望者へメッセージをお願いします。

大変な時もあり、緊張する場面は多いと思います。でも先輩や救急の先生、看護師さんがやさしくも時には厳しく教えてくれます。救急はチーム力が大切だと思います。悩んでいる新人にも、みんなが一人のために尽くしチーム力を発揮できるようにいつも支えられています。

先輩方が大きな背中で
支えてくれる!!

比嘉智将 2021年入職

Q1 仁愛会を選んだ理由を教えてください。

以前は、他の医療機関で看護助手業務として勤務していました。専門学校で取得した救急救命士の資格を活かし働ける場所はないかと探していると浦添総合病院が見つかりました。しかし、救急救命士は消防機関でこそ最も活かせる職場だと思っていましたので、少し迷いもありましたが、ホームページを拝見すると幅広い業務と救命救急センターとして多くの業務を担う業務をされていることが分かり浦添総合病院を選びました。

Q2 仁愛会はどんな職場でしょうか?

職員のことを大切に考えてくれている職場です。福利厚生も多彩で、イベントがある度にワクワクします。新型コロナウイルス感染症蔓延等により様々なイベントが自粛されている中で抽選会等を行い、またWEB配信などの生中継はワクワクしました。業務としても、救急分野が強く、特にチーム力は高いと感じています。ですので他科とも連携し仲間意識の強い組織だと感じています。

Q3 仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えてください

昨今の新型コロナウイルス感染症等の対応で特殊な搬送やクラスター施設の支援、その他自衛隊ヘリ搬送など様々な業務が多く、緊張感もありますがやりがいを感じる職種です。患者様にとっては苦しい時が多く、私たちは患者様のため、ご家族様や関係者様のため何が一番大切であるかを考えながら業務を進めるようにしています。まだまだ未熟ではありますが、先生方や看護師さん達、先輩方へ相談しながら業務を行っています。

Q4 入職希望者へメッセージをお願いします。

救急なので、「急がなきゃ」と思い慌ててアタフタしたこともありました。でも熟練の先生方や看護師、救急救命士の先輩方が大きな背中で支えてくれました。仲間を大切にする職場です。多くの研修や勉強会もあり多くのことを学ぶことができます。この資格を活かせる場所があったことを知り、今は充実しています。興味のある方は是非、見学からでもいらしてください。