メッセージ

プログラム責任者
研修管理委員長

北原祐介

 「伝書鳩」にならない初期研修をER診療やシミュレーション(重症初療、手技)を通じて研修医の直接指導に関わっています。研修医は「伝書鳩」に なりがちです。患者さんの訴えや身体所見、検査値や看護師からの報告を、そのまま上級医に伝えるだけ、に。そこで、私は研修医に「常に自分の Assessment& Planをもつこと」を求めています。当たり外れより、まず自分の判断をもつことから。どの場面でも求められることですが、ERはその鍛錬にもってこいです。「で、君は次にどうしたいか?(検査・治療)」「検討すべき病態/疾患は何か?(鑑別)」「問題点は何か?(プロブレムリスト)」「それらの理由・根拠は?」浦添ERはこれをみなさんに問い続けます。一緒に研鑽しましょう!

研修管理副委員長

藏下要

 初期臨床研修に求めるものは何ですか?浦添総合病院には豊富なcommon diseaseの症例数、診療科間の垣根がなく専門医に気軽にコンサルトできる環境、そして指導医や上級医はもちろんメディカルスタッフも含め病院全体で研修医を教育していく風土があります。初期研修の2年間にcommon diseaseを数多く経験することはもちろん必要ですが、ただそれだけではなく、個々の症例について、自分で考え、根拠を求め、答えを導き出し、そしてその答えに対してすぐにfeed backを受ける。この繰り返しがGeneralistとしての礎を築くためには重要です。当院ではこのことを重視し、実践しています。また当院で最も大切にしている、良好なコミュニケーションと徹底したチーム医療に基づいた診療を日々実践してもらい、研修医の皆さんが人間性豊かな、医師として本物の“Professional”に育ってもらえるよう、全力でサポートしていきたいと思います。

研修管理副委員長

谷口春樹

 初期研修医の手技離れや外科医不足という言葉をよく耳にしますが、私たちはこのような時代でも研修医のみなさんに手技を考えるおもしろさ、実践する前のわくわくや実践する時のどきどきに触れてもらいたいと考えています。初期研修医のみなさんには入職直後に外科集中講義を受講していただき外科救急に対応できる知識、画像読影能力を身につけていただいた上で、シミュレーターを用いた外科手技コンテスト(外科SPAM)を行い早くから手技に触れられる環境を用意しています。外科研修中には外科手技を実践レベルに昇華させるための課題をクリアしてもらった上で指導医の監督のもと手技を実践してもらっています。はじめは難しいと感じるかもしれませんが、自分の手技と真剣に向き合って考えるおもしろさ、本番での昂揚や緊張から学べることは多いと思います。みなさんと当院の外科研修でお会いできることを楽しみにしています。