令和元年度 浦添総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 35 163 208 318 650 1,083 1,881 2,135 2,118 600

2019年度に当院を退院された患者さんの年齢階級別患者数です。
当院は地域医療支援病院であり、地域の中核病院として、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しておりますが、2019年度の退院患者数9,191人の73.3%を60歳以上の患者さんで占めており、高齢者の入院が多い傾向があります。
10歳未満、10代の若年層は骨折など整形外科的手術が必要となる患者さんが多い傾向となっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術処置等2:なし 283 12.79 19.29 12.37% 79.87
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 127 11.44 20.84 8.66% 83.06
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術:なし 定義副傷病:なし 92 10.25 12.58 8.70% 78.01
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術処置等1:なし 64 12.97 12.55 6.25% 72.56
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術:なし 41 7.12 9.96 4.88% 72.15

当科に入院される患者様の多くは、近隣の老健施設や高齢者福祉施設に入居されている方や、御家庭で介護を受けている高齢者の方ですが、中には嚥下能力を含め全身状態が良好でない方も多くいます。そのような方が入院された場合は、家族のみならず施設職員やケアマネジャーを含めた患者様に係る皆さまに、入院後3~5日以内に面談して治療計画、退院予定を説明し同意を頂いているため、速やかな退院が可能となっております。当科における感染症加療は、多剤耐性菌を考慮しつつもグラム染色や臨床経過に留意し、できるだけ狭い抗菌スペクトラムの抗生剤を使用し、また抗生剤の使用期間も必要最小限としております。感染症加療に外科的加療が必要な場合(尿路結石の砕石術、喀痰排出困難時の気管切開等)は、速やかに外科に依頼しております。感染症の中でも最重症な感染症の一つである敗血症は、起因菌に対しては原因を突き止め、合わせて全身管理にも重点をおきながら感染症の原因をつきとめ合わせて加療しております。個室隔離されることの多いインフルエンザ加療は、抗ウイルス薬を使用しながらADLの低下を起こさないよう、早期よりリハビリを行い治療終了後の速やかな退院ができるようにしています。本年度より部員も増えたことにより、よりきめ細かい医療を提供します。2020年度より当科は誤嚥性肺炎のパスを運用し更なるサービスの向上に努めた結果在院日数の短縮を成し遂げました。また多すぎる薬剤(内服薬)に対して薬剤部と協力して不要と思われる薬剤の減量を行っております。


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術:経皮的冠動脈形成術等 手術処置等1:なし、1,2あり 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 263 2.75 4.40 0.38% 70.34
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 手術:経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術処置等2:なし 147 4.69 5.02 0.00% 67.59
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術:なし 手術処置等1:1あり 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 86 3.09 3.01 0.00% 69.45
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 手術:動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術処置等1:なし、1あり 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 62 4.58 5.34 3.23% 73.13
050130xx99000x 心不全 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 61 13.92 17.71 4.92% 80.84

当科の手術件数としては、最も頻度が多い経皮的冠動脈形成術であり、続いて頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術になります。両疾患群ともに昨年度より増加しています。また近年、高齢者の心不全入院が増加しています。


心臓血管外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術:動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 8.48
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術:ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術処置等1:1あり 手術処置等2:なし 23.77
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:1あり 22.59
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 手術:その他の手術あり 手術処置等2:1あり 定義副傷病:なし 27.88
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 17.34

当科は心臓・大動脈疾患や末梢血管疾患に対して外科治療を行う診療科です。近年は糖尿病、高血圧を背景として慢性腎臓病の患者が増えています。また、高齢化社会を反映して特に高齢者の大動脈弁疾患に対する手術が増えてきました。次いで集中治療や緊急手術を要する急性大動脈解離の症例が多くなっています。高齢の患者が多いため、また、不安なく自宅へ帰す事を第一としている事から入院期間は長めではありますが退院後の合併症や再入院などもほとんどありません。


腎臓内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 11.67
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.13
110280xx97x10x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術:その他の手術あり 手術処置等2:1あり 定義副傷病:なし 20.88
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:2あり 定義副傷病:なし 8.99
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術:連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術処置等2:なし 7.00

住民健診や職場健診で『タンパク尿や血尿』を指摘された方や、eGFR(おおよその腎機能を示す指標)低下を指摘された方などに対して、当院で二次健診(さらなる詳しい精査)を行っております。近隣の医院やクリニックの先生方から、『タンパク尿が増えてきましたね!』などで当院の腎臓内科へご紹介をいただいております。特にタンパク尿(3+)~(4+)などのネフローゼ症候群が疑われる症例については、「腎生検」による診断を行う検査や、疾患に合わせた点滴や内服などによる治療を行っております。腎不全が進行してきた患者さんへは、腎機能(ステージ)に合わせた食事生活指導や内服薬の調整を行っております。また透析治療が必要となった際には、腹膜透析(CAPD)や血液透析(HD)の説明、腎臓移植についての説明を行います。腎不全が進行してきた後も各患者さんの生活が、できるだけ従来通りの生活に近づけていけるような説明とご提案を行っております。


呼吸器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術:なし 手術処置等1:あり 手術処置等2:なし 3.34
0400801299×001 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 10.27
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 20.84
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術:あり 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 31.04
040170xxxxxx0x 抗酸菌関連疾患(肺結核以外) 定義副傷病:なし 10.27

①高齢化社会となるとともに悪性新生物患者、特に肺がん患者の増加が著しい。この分野では、免疫療法や分子治療薬による新しい治療による目覚ましい予後の改善が続いている。これらを適応するための気管支鏡検査による検体を用いた免疫染色や遺伝子診断の重要性が高まった。
②肺炎球菌やインフルエンザ桿菌を主体とする肺炎の入院を要するリスク群の治療を行い全身状態を観察する必要がある。
③高齢者特有の誤嚥性肺炎は、誤嚥の反復や防御機能および身体機能の衰えにより感染のコントロールに時間を要し、身体機能の保持にリハビリや嚥下訓練等の特別な配慮も要する。
④呼吸器感染症の中で、縦隔洞炎や肺化膿症、膿胸といった難治性感染症は抗菌薬投与期間と入院期間が長期化する。
⑤近年、感染防御能の落ちた宿主への非結核性抗酸菌症感染症が増え、本感染症が緩徐進行性で治療効果も乏しいことから治療の適応決定を決める精査が必要があるとともに、結核との見極めが困難な症例が多く、結核病棟への転院要請のうえ菌種同定検査結果を待つ必要があることもしばしばである。
呼吸器内科では病院総合内科と連携を取り、入院患者の診療を行っておりますので、呼吸器内科疾患の入院診療実績は内科に含まれております。


呼吸器外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術:あり 手術処置等2:なし 51 12.49 11.51 1.96% 69.14
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術:なし 手術処置等1:あり 手術処置等2:なし 50 4.56 3.34 2.00% 71.28
040200xx01x00x 気胸 手術:肺切除術等 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 24 4.75 10.18 0.00% 29.08
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:なし 23 10.22 14.62 26.09% 75.52
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術:なし 手術処置等2:4あり 13 10.38 9.34 0.00% 68.54

呼吸器外科では、肺癌や食道癌などの胸部悪性腫瘍の治療を行っています。手術のみならず、薬物治療やその他の治療も行います。また、気胸を中心とした良性疾患も手術や保存的治療を行っています。治療件数は年々増加しています。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術:限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 111 8.44 9.79 6.31% 73.27
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病:なし 71 2.24 2.63 0.00% 59.32
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術:なし 59 6.53 7.65 1.69% 67.42
060102xx97xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術:その他の手術あり 49 9.33 11.43 2.04% 80.49
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 42 12.36 14.62 0.00% 53.17

本県における胆膵疾患の当院の専門的特性によるためか、胆管結石に伴う急性胆管炎や、胆道がんや膵がんに伴う悪性胆道狭窄、急性胆管炎が年々増加傾向にあり、これらの疾患に対して可及的速やかな入院、適切な治療で早期退院を心がけています。
消化管疾患では憩室炎、憩室出血、消化性潰瘍等による消化管出血が上位を占めています。また、難病指定の炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)も増加しており、新規薬剤による治療導入を行い、小腸疾患に対しては小腸カプセル内視鏡検査も積極的に行っています。
本県における肝疾患の特徴は、ウイルス性が比較的少なく、生活習慣による肥満関連やアルコール関連の肝疾患が多いことです。今後もこの傾向が続くと考えています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 手術:腹腔鏡下胆嚢摘出術等 68 4.87 6.37 0.00% 62.40
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 手術:ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 54 4.93 4.85 0.00% 66.39
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術:腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術処置等1:なし 手術処置等2:なし 54 5.96 7.13 1.85% 62.20
060150xx03xxxx 虫垂炎 手術:虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 51 4.61 5.45 0.00% 37.10
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 48 8.92 9.68 0.00% 66.35

当院は三次救急医療機関なので緊急手術が多く、特に胆嚢炎、虫垂炎が多いのが特徴です。胆嚢炎に対しては診療ガイドラインでも推奨されている早期手術を行い治療期間をできるだけ短くするようにしています。また、 肝胆膵疾患では胆嚢結石以外にも肝がん、胆道がん、膵がんなどの悪性腫瘍が多く、特に膵がんが多いのが特徴です。また,大腸がんも多く、肛門機能を温存する手術を積極的に行っています。当科は消化器内科と連携して治療に当たっており、最良の治療を提供できるような体制を構築しています。また、適応を吟味した上で腹腔鏡下手術を選択し、手術侵襲を最小限にするように努めています。


乳腺外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術:乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術処置等2:なし 87 4.93 6.10 0.00% 58.45
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術:なし 手術処置等2:1あり 46 7.78 10.34 0.00% 58.67
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術:あり 10 3.70 3.94 0.00% 36.80
090010xx01x3xx 乳房の悪性腫瘍 手術:乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 15.30
090010xx02x3xx 乳房の悪性腫瘍 手術:その他の手術あり 手術処置等2:6あり 8.87

乳腺外科では乳がん治療が大半を占めますが、乳腺良性腫瘍、乳腺炎などの良性疾患を含め乳腺疾患全般を取り扱っています。乳がんの化学療法はほぼすべて外来で行うため、化学療法目的の入院はほとんどありません。入院期間中、患者さんが安心して満足する医療が受けられるよう、乳腺外科では多職種(看護師、薬剤師、栄養士、リハビルスタッフ、ソーシャルワーカー)協働のチーム医療体制で対応を行っており、短い在院日数で、患者満足度の高い乳がん医療の提供を目指しています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 手術:人工関節再置換術等 189 14.47 23.56 5.82% 73.26
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術:人工骨頭挿入術 肩、股等 168 25.71 25.94 65.48% 80.80
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術:なし 定義副傷病:なし 44 19.36 19.40 61.36% 81.52
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術:あり 25 7.40 5.54 0.00% 41.80
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 手術:関節滑膜切除術等 24 3.25 7.12 0.00% 60.00

当院の整形外科の特徴としては、高齢化社会も反映し、膝の軟骨がすり減っていく事で疼痛を生じる変形性膝関節症の方が多く近隣医療施設、離島から紹介され来院しております。その他変形性股関節症、肩腱板損傷も加齢による退行変性疾患として多くなっております。
また、救命救急センターを有し、骨折などの整形一般外傷に対しても24時間オンコール体制をとって対応しており、四肢、脊椎の骨折等の外傷が非常に多く、中でも高齢の転倒で発生する大腿骨頚部・転子部骨折の搬送が多く、更に3次救急の交通事故や転落外傷等の高エネルギー外傷に対する治療も行っております。
また、近隣の医療施設、スポーツ指導者からスポーツ外傷の患者様を紹介いただき治療にあたっております。


耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術:なし 35 5.34 5.45 0.00% 41.06
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術:なし 35 4.09 5.01 2.86% 66.83
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 24 4.04 6.80 0.00% 52.83
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 14 6.43 7.80 0.00% 28.64
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術:なし 10 6.50 9.13 0.00% 53.90

耳鼻咽喉科で多い入院疾患は、扁桃周囲膿瘍など、のどの炎症性疾患です。発熱、咽頭痛、食事困難があり、増悪すると息苦しくなり呼吸が困難になることもある怖い疾患です。そのため、重症の方は入院加療が必要となります。入院期間は4~5日程度となっていますが、膿瘍形成を行っている場合などは、1週間前後の点滴加療が必要な場合もあります。扁桃炎を繰り返す患者さんに対して、扁桃腺を摘出する手術も多く行っています。
2番目に多いのは、前庭神経炎です。突然の激しい回転性めまい発作を特徴とする病気で、前庭神経の炎症によって引き起こされます。
3番目に多いのは、慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症です。これは内服治療で改善が得られない手術目的の方です。症状としては、鼻汁、鼻閉、頭痛、嗅覚障害などがあります。手術を含め、平均5日での退院が可能です。上記症状でお困りの方は、かかりつけの耳鼻科医に手術加療についてご相談されてください。
その他、難聴、めまい、中耳炎などの耳疾患、アレルギー性鼻炎などの鼻疾患、また、のど、音声、嚥下、唾液腺など頭頸部疾患各種に対応しております。


形成外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術処置等1:なし 21 15.43 12.55 0.00% 47.19
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 手術:鼻骨骨折整復固定術等 19 3.74 5.26 0.00% 20.37
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術:あり 手術処置等2:あり 48.04
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術:あり 手術処置等2:なし 3.10
080150xx97xxxx 爪の疾患 手術:あり 4.77

形成外科は体表面の形態異常を取り扱う診療科で、当院では顔面外傷(皮膚軟部組織損傷・顔面骨骨折)、眼瞼下垂症などの加齢性疾患、糖尿病性足潰瘍や毛巣洞などの難治性潰瘍の治療を受ける患者様が増加しております。患者様になるべく負担が少なく、早期に退院できるように努めております。


神経内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術:なし 手術処置等1:なし 11 16.27 16.13 36.36% 65.55
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術:なし 手術処置等1:なし 19.66
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術処置等2:4あり 定義副傷病:なし 15.90
010160xx99x00x パーキンソン病 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 17.72
010160xx99x10x パーキンソン病 手術:なし 手術処置等2:あり 定義副傷病:なし 19.79

ALS、筋ジストロフィー、難治性てんかんなども含めて、多様な疾患を診療しています。
統計データに現れない他科併診の神経内科疾患の診療も行っています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:4あり 定義副傷病:なし 発症前Rankin 56 14.63 16.13 21.43% 67.77
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術:なし 手術処置等2:1あり 56 2.09 2.73 0.00% 70.59
010200xx99x00x 水頭症 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 51 3.59 6.93 5.88% 77.82
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術:なし 手術処置等1:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 46 20.80 18.81 56.52% 65.52
010200xx01x00x 水頭症 手術:水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術処置等2:あり 定義副傷病:なし 45 16.11 19.92 6.67% 76.29

当院は脳血管・脊髄センターとして、脳卒中は脳神経外科と神経内科が協力してオンコール体制を作って診療しています。脳梗塞に対しては来院から4.5時間以内の患者に速やかにt-PAが使用できる体制を構築しており、さらに主幹動脈閉塞例に対しても適応を厳密に判断しながら積極的に血管内手術(経皮的血栓回収術)を行っています。当院は脳血管内治療専門医が2名おり、他院からの未破裂脳動脈瘤の患者の紹介も多く、術前検査や術後検査の患者数も多いことも特徴です。また、最近は治る認知症といわれている特発性正常圧水頭症に対しても積極的にタップテストなどを行い、他施設からの紹介も増加しています。脊椎・脊髄疾患に関しては、顕微鏡手術や内視鏡手術を導入し、ナビゲーションや術中CT、さらに神経モニタリングを導入し、より正確に安全な手術ができる体制を整えています。


救急科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術処置等2:なし 50 13.98 19.29 12.00% 79.30
010230xx99x00x てんかん 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 42 4.83 7.10 7.14% 53.90
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術:なし 41 8.49 9.96 12.20% 62.76
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 30 9.17 7.34 10.00% 54.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術:なし 手術処置等2:なし 定義副傷病:なし 29 9.59 20.84 24.14% 80.24

当院は救命救急センターを有する三次救急病院であり、救急外来においても、24時間体制で救急医が診察にあたり、様々な疾患の患者様を受け入れています。その中でも、高齢者の搬入は増加傾向にあります。疾患別に見ると、誤嚥性肺炎が最多となっており、入院加療を要しています。また病態が多岐にわたる疾患、敗血症など重症感染症も増加傾向にあります。その他には、外傷症例特に頭蓋・頭蓋内損傷やてんかんも占める割合が高くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 13 10 1 6,7,8
大腸癌 22 29 61 61 51 2
乳癌 65 51 29 1 8
肺癌 44 14 25 46 19 42 1 7,8
肝癌 16 34 2

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌を5大癌といいます。患者数は集計期間内の延べ退院患者数です。Stage分類はUICC及び癌取扱い規約で行っています。初発とは初めて診断された患者数及び治療中の患者数、再発とは再発診断された患者数及び再発治療中の患者数を表しています。患者数は年々増加傾向です(平成30年度630例、令和元年674例)
胃癌はStageⅠ、Ⅳが多い傾向にありました。StageⅠでは内視鏡的切除術、腹腔鏡下胃切除術が中心です。大腸癌はStageⅠでは内視鏡的切除術、腹腔鏡下手術が中心です。StageⅡ~Ⅲは、手術療法が中心で、近年は腹腔鏡下手術が中心となっています。StageⅣは原発巣切除、転移巣切除と化学療法の組み合わせで治療する集学的治療が行われています。乳癌は手術療法が主体となるStageⅠが最も多く、StageⅣは化学療法のための入院が多くなっています。肺癌は全Stageで増加傾向であり、StageⅡ、Ⅲは手術や化学療法などを含めた集学的治療を行っています。手術療法に関してはそのほとんどは胸腔鏡手術です。肝臓癌はStageⅠ~Ⅲが約50%、 IVが約50%です。治療は拡大肝切除術、腹腔鏡下肝切除術、ラジオ波焼灼療法等を積極的に行っています。上記治療が困難な場合は、分子標的薬や肝動脈塞栓化学療法も行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 33 5.91 57.18
中等症 126 10.53 75.97
重症 31 12.74 83.48
超重症 18 10.56 75.17
不明

成人市中肺炎では、高齢で脱水がひどく酸素や意識が下がるほど重症と判定されます。高齢者ほど重症化しやすく、そのため長く入院が必要となる傾向を示しています。適確な薬を必要とされる期間使用し、併存疾患(糖尿病、高血圧、心不全、喘息、肺気腫等)の治療を丁寧に行うとともに、高齢者では早期よりリハビリ介入し身体機能の回復を図り、より早く回復し退院できるようにしています。しかしながら高齢者が陥りやすい重症肺炎では、再度の誤嚥等により再燃をくり返し入院期間が長引いたり日常の活動度が低下したりもします。介護を要する状態から早期に、ご家族の負担が少なく元の状態に戻れるよう回復期リハビリ病院や施設、有床診療所をスムーズに活用できるよう配慮し、リハビリ及びケアを継続いただいております。また、肺炎予防のため、肺炎球菌ワクチンやインフルエンザワクチンの接種を確認し促しています。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 232 23.65 73.32 30.19%
その他 33 17.79 68.82 3.77%

当院は救急救命センターを有しており、脳卒中の患者の入院が多く、その中でも最も多いのが脳梗塞です。脳梗塞に対しては、来院から4.5時間以内の患者に関してt-PAが使用できる急性期の体制を救急集中治療部と協同して構築しており、毎年20~30件の症例に対して施行しています。また当院は脳血管内治療専門医が2人おり、近年はt-PA後の血管内治療による血栓回収術も多職種が連携して速やかに行っています。その後の回復期リハビリに至るまでの急性期のリハビリも積極的に行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K0461 骨折観血的手術( 肩甲骨、上腕、大腿)

当科における外科的併診のもっとも多いのは、重症な敗血症に発展しやすい複雑性尿感染であり、診断後は速やかに他院泌尿器科と連携して閉塞起点の解除を行うようにしています。 当科で気管切開が必要な疾患は、(1)脳疾患に基づく反回神経麻痺(声帯麻痺)の方、(2)喀痰多量のために気道管理が困難な方があげられます。特に声帯麻痺のある方は、速やかに気道確保を行わないと窒息に至るため、気管内挿管等で気道確保をしつつ御家族に積極的面談を行い、気管切開術目的等で外科に依頼しております。入院当初は、内科疾患として入院したが病因の検索の結果で外科的疾患が疑われる場合も、可及的速やかに外科に依頼しております。当科は一般外科・ 呼吸器外科・心臓血管外科・整形外科・脳神経外科・脊椎外科・乳腺外科・形成外科・眼科・耳鼻咽喉科・口腔外科・泌尿器科等の外科各科と連携を取り、診療を行っています。本年8月より整形外科と協力して大腿骨近位部骨折の入院患者の治療に参加し内科的側面より手術後の管理やリハビリ等に関して積極的に介入しております。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 241 0.83 1.58 0.00% 71.10
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 129 2.33 5.00 1.55% 69.88
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 89 1.19 5.19 6.74% 74.75
K5462 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症) 49 0.02 9.45 8.16% 70.41
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 41 3.12 11.12 7.32% 78.66

当科としては、経皮的冠動脈形成術に対するカテーテル治療が最も多く、次に近年増加傾向にある不整脈(特に心房細動)に対する心筋焼灼術が多くなっています。また、生活習慣病の増加に伴う動脈硬化性疾患である末梢動脈疾患に対するカテーテル治療も増加しています。


心臓血管外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術
K5551 弁置換術(1弁)
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他)
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)
K5603ニ 大動脈瘤切除術(上行・弓部同時)(その他)

手術術式としては新たな国民病ともいわれる慢性腎臓病患者に対する内シャント造設術が増えています。次いで大動脈弁疾患に対する大動脈弁置換術、緊急手術を要する急性大動脈解離に対する人工血管置換術、冠動脈疾患に対する冠動脈バイパス術が最も多い手術となっています。手術症例も高齢者が多いため、術後の体力回復に時間を要し、入院期間が長くなっているのも否めませんが、周術期、特に集中治療室のベッドサイドから心臓リハビリテーションを積極的に行うことにより早期離床に努めています。長期にリハビリテーションが必要になる場合には医師、看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師等の多職種間で情報を共有し、必要な施設への転院がスムーズに進むよう努めています。


腎臓内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

腎不全が進行し『透析が必要』と告げられた症例に対し、腹膜透析(CAPD)や血液透析(HD)、腎移植についての相談、他施設からのセカンドオピニオンも伺っております。血液透析治療に関わるシャント手術は当院の心臓血管外科グループが、腹膜透析(CAPD)に関わる腹腔内カテーテル挿入術は一般外科グループで対応しております。近隣で透析治療が行われている患者さんの急なシャント狭窄や閉塞に対しては、当院のヴァスキュラーアクセスチーム(VAT)が、近隣施設からシャントトラブルの連絡を受けてからすみやかにシャントPTAの準備をはじめる体制ができております。他にも透析患者に生じる各種合併症(脳血管疾患、心臓(冠動脈系)疾患、下肢の血流不全、シャントトラブルなど)にも院内の内科、外科と連携して対応しております。透析開始から各ステージにおける合併症、問題点に対しトータルで対応致します。


呼吸器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4981 胸郭形成手術(膿胸手術)(肋骨切除を主とする)

難治性膿胸は、気管支胸膜廔を伴ったり、胸膜肥厚により感染局所への抗菌薬が到達性が悪化し、時に開創胸郭形成術を要する。


呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 25 1.08 2.68 0.00% 29.64
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 24 1.50 8.13 0.00% 74.67
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 11 2.36 4.36 0.00% 64.82
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
K504-2 胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術

当院では肺癌の手術のほとんどを完全鏡視下手術で行いますので、術後の回復も早いのが特徴です。また、区域切除術も胸腔鏡下で行っています。また、食道癌に関しても早期症例に関しては鏡視下手術を取り入れております。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 69 1.28 9.64 8.70% 74.87
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 61 0.84 1.31 0.00% 61.66
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 46 1.24 12.70 6.52% 69.02
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 45 0.78 4.07 2.22% 65.56
K654 内視鏡的消化管止血術 31 1.29 8.52 0.00% 69.39

24時間救急対応で、胆道結石や胆管がん・膵がんに伴う急性閉塞性胆管炎、胆石性急性膵炎、膵炎後膵嚢胞、慢性膵炎膵管狭窄等に対する内視鏡的胆道ドレナージ、膵管ステント留置術等を積極的に行っています。
消化管では胃十二指腸潰瘍出血や活動性憩室出血に対して、できるだけ早期の止血を目指し緊急を含めた内視鏡治療を施行しています。大腸ポリープに対する内視鏡的切除は約80%は日帰り手術(入院なし)で行っています。
肝疾患領域では、表には示されていませんが食道胃静脈瘤治療や腹水治療(CARTを含む)を積極的に行っています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 145 1.05 4.70 4.14% 63.31
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 53 2.94 10.70 10.70% 69.77
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 51 0.45 3.16 3.16% 37.10
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 32 1.78 4.50 4.50% 65.59
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 1.15 2.58 2.58% 61.77

胆嚢結石症・急性虫垂炎に対する手術では従来法よりも傷口が目立ちにくい単孔式腹腔鏡下手術を積極的に行っており、患者さんの負担をなるべく軽くするような治療を心がけています。また、鼠径ヘルニア・肝がん・胆道がん・膵がん・胃がん大腸がんなどに対しても適応を充分に吟味した上で腹腔鏡下手術を行っています。直腸がんでは肛門の機能を温存する手術も積極的に行っています。


乳腺外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 94 1.02 2.99 0.00% 58.99
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 29 1.24 5.03 0.00% 59.72
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 22 1.00 6.64 0.00% 56.91
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満)
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)

当科の手術では、まず合併症の少ない安全な手術を行うことを第一に考えています。当科の手術の殆どを占める乳癌手術の術式決定にあたっては、術前の画像診断で病変の広がり診断を詳細かつ的確に行い、安全性を考慮して乳房温存手術か乳房切除術かの決定を行っています。大部分を占める乳房部分切除術では、可能な限り目立たない傷で、根治性が高く、温存後の整容性にも配慮した手術を心がけています。また乳房切除術後には患者さんご本人の希望があれば形成外科との連携で乳房再建術も積極的に行っています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 219 1.62 12.10 6.94% 73.16
K0461 骨折観血的手術(大腿) 136 2.40 18.11 54.41% 76.79
K0811 人工骨頭挿入術(股) 61 4.62 24.08 68.85% 80.03
K0462 骨折観血的手術(前腕) 56 4.93 15.16 14.29% 53.66
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 25 0.92 5.56 0.00% 51.56

手術に関しては、上述の通り救急外傷患者が多いため骨折を始め外傷の手術が多く骨盤骨折等の重度外傷まで対応しております。また変性疾患である変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性肩関節症に対する人工関節置換術も行っております。また、その他膝関節鏡手術(前十字靭帯再建術、半月板縫合術・切除術等)、肩関節鏡手術(腱板修復術、関節唇修復術等)、足関節鏡手術と幅広く行っております。


耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 22 1.00 5.41 0.00% 30.50
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 0.91 2.00 0.00% 51.55
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術)
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術

耳鼻咽喉科で行われる最も多い手術は、口蓋扁桃摘出術です。対象疾患は、急性扁桃炎を繰り返す慢性扁桃炎、夜間睡眠時のいびきや無呼吸を生じる睡眠時無呼吸症候群と、扁桃病巣感染症です。扁桃病巣感染症とは、IgA腎症、掌蹠膿疱症、胸肋鎖骨過形成症など扁桃自体はほとんど無症状ですが、それが原因となって扁桃から離れた臓器(皮膚、関節、腎臓)に引き起こされる疾患です。入院期間は術後経過により異なり、7日前後となっています。
次いで多いのが、慢性副鼻腔炎の手術です。状態に応じてⅠからⅤ型まで手術術式があります。術式の違いで分けられており、慢性副鼻腔炎の手術自体が当科で最も多く行われている手術ということになります。手術は内視鏡で鼻内から行うため、眼に見えるところに傷がつくことはなく行えるようになっております。入院期間は4~5日程度です。
当科ではアレルギー性鼻炎に対する手術も積極的に行っており、鼻づまり・鼻水などの症状を改善する目的に鼻中矯正術、粘膜下下鼻甲介骨切除術、後鼻神経切断術などの内視鏡手術に対応しています。
その他、中耳炎罹患後の鼓膜の穴を塞ぐための手術や、耳下腺、顎間腺の良性腫瘍に対する手術などを行っています。
また、当科での対応が難しい場合には琉球大学病院と密な連携を取り、高度な医療が必要な患者さんを紹介しています。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 14 1.14 1.00 0.00% 17.00
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 10 14.50 18.60 10.00% 68.70
K753 毛巣洞手術 10 0.50 6.50 0.00% 24.40
K0842 四肢切断術(指)
K2193 眼瞼下垂症手術(その他)

形成外科の手術は日帰りでの外来手術が多く、全体の約7割を占めています。残りの3割が入院手術となっています。入院手術の中では例年、眼瞼下垂症の手術が多く、先天性のものから加齢性のものまで幅広く対応しております。また、スポーツや交通事故などによる鼻骨骨折や眼窩骨折も症例が多く、適宜手術加療を行っております。また毛巣洞の手術症例も増加傾向です。早期退院を目指しつつ、患者様の満足のいく結果が得られるように、日々診療にあたっております。


神経内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント)
K403-23 嚥下機能手術(喉頭気管分離術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)

統計データに現れないビデオ脳波検査、NCS、Needle EMGも数多く実施しています。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1742 水頭症手術(シャント手術) 45 2.00 13.49 8.89% 75.56
K131-2 内視鏡下椎弓切除術 34 4.44 13.85 5.88% 71.15
K1781 脳血管内手術(1箇所) 27 1.11 12.85 7.41% 64.44
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 1.65 12.81 7.69% 77.35
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 20 5.65 7.25 0.00% 71.75

従来のコイル塞栓術や頸動脈ステント留置術に加え、脳梗塞に対する血管内治療(経皮的血栓回収術など)も積極的に行っています。タップテストで改善した特発性正常圧水頭症に対しては、より低侵襲な腰椎腹腔短絡術(L-Pシャント術)を施行しており、他施設からの紹介が増加しています。脊椎手術も年々増加しており、内視鏡手術については3mmの内視鏡を導入し、神経モニタリングを行い、より低侵襲な手術を心がけています。さらに術中にCT撮影や脳血管撮影が可能なポータブル透視撮影機器や術中ナビゲーションシステムを駆使し、より正確により安全な手術ができる体制を構築しています。


救急科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 12 6.50 29.83 66.67% 76.17
K386 気管切開術 12 11.17 46.00 50.00% 74.42
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 10 13.70 22.70 50.00% 59.40
K654 内視鏡的消化管止血術 10 0.60 9.90 0.00% 69.60
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術

当院は救命救急センターとして多くの外傷事案を受け入れています。その結果、四肢の骨折が多い傾向にあります。また重度意識障害をきたす患者が多く、気管切開術や胃瘻増設を要する症例が多い傾向にあります。併せて心停止症例を含む循環器疾患が多くIABP、PCIの症例が多くなっています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 317 3.45%
異なる 110 1.20%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 92 1.00%
異なる

播種性血管内凝固症候群は、様々な重症な基礎疾患により全身に血栓ができる病態です。敗血症は細菌感染により、生命を脅かす臓器傷害を起こす病態のことを言います。肺炎や尿路感染症、腹腔内感染症などが原因となり、ともに死亡率が高い病態であることが知られています。2019年度において、敗血症の入院契機との同一症例が3.45%、入院契機と異なる症例が1.2%となっています。これは当院が、救命救急センターを擁する地域の中核病院であり、より重症な患者を受け入れていることを示していると考えます。また「同一性」とは入院契機の疾患と入院中の主な治療目的の疾患(DPC疾患)が同一か否かという事です。播種性血管内凝固症候群では、DPC病名と入院契機の病名が異なることから、入院契機である基礎疾患を原因として播種性血管内凝固に至ったと思われます。敗血症ではDPC病名と入院契機の傷病名が同一である症例が317例、異なる症例が110例ありました。当院ではより多くの敗血症患者を治療しており、敗血症診療には非常に力を入れております。手術・処置などの合併症には、術後の創部感染や出血などがあります。これは一定の確率で起こりうるものであり、ゼロにすることは出来ません。起こりうる合併症に関しては、出来る限り発症を少なくする様に努め、またその可能性について事前に十分に説明をしています。

更新履歴

2020年9月30日

令和元年度(2019年度) 病院指標を公開しました。