インタビュー

子育てと仕事を両立している1年生代表

救命病棟 M.Mさん/2020年入社

1.仁愛会を選んだ理由はなんですか。

学生の頃参加しました病院見学会で、手術室や内視鏡室の先輩たちが楽しそうに部署紹介してくれました。
ドクターヘリに乗るフライトナースのかっこよさに惹かれました。沖縄県内で三次救急の看護ができる浦添総合病院に入り、私もこんな風に生き生きを働きたい!と思い入職を決意しました。
私は、子育てをしながら、浦添総合病院の奨学金制度を利用して看護学校に通いました。
浦添総合病院に入職決めたことで、経済的にも就職先の心配をすることもなく、国家試験に専念することができました。

2.仁愛会に入職してよかったことはなんですか。


研修制度がかなり充実してます。入職時は、実際に患者さんに注射や吸引、膀胱留置カテーテル挿入など、侵襲的な看護技術を提供することに不安がありましたが、新人研修では、現場に出る前に、もう一度基礎を頭に入れ、技術テストをしっかり行ってくれたため、安心して技術を習得することができました。
また、病棟配属後、悩んだり不安に感じることもありましたが、新人教育担当のキャリア開発室の先輩方が病棟での様子を見に来てくれたり、声をかけたりしてくれ、メンタルフォローもしっかりしてくれます。

3.やりがいを感じるときはどのようなときですか。

救命病棟はさまざまな疾患の患者さんが入院します。患者の状態を把握しアセスメントするためには幅広い疾患の知識や治療・特殊な看護技術などが求められます。その分大きなやりがいも感じています。
入院時には意識レベルが悪かったり、人工呼吸器の使用が必要だったりと生命の危機にあった患者さんが、治療後、回復に向かい経口から食事できるようになったり、リハビリで離床ができるようになった患者さんの笑顔を見ると嬉しく思います。

4.あなたの部署のよいところを教えて下さい。

重症度の高い患者が多くいる救命病棟では、業務のスピードが患者の状態に大きく影響します。
先輩から厳しい指導を受けることもありますが、指導後には、一緒に振り返りをしてくれるので、次につなげる事ができます。また、重症患者の看護は、不安でつらいこともありますが、フォロー体制ができており、私は一人ではないと感じることができます。
今はまだ、自分の業務に精一杯ですが、私も周りに配慮し、困った時はフォローできるような先輩になることがこれからの目標です。

インタビュー一覧へ