ニュース

新型コロナウイルス感染症禍における当病院の体制について

2021年08月24日
浦添総合病院 重要なお知らせ重要なお知らせ

当院ご利用者
関係機関   各位

社会医療法人仁愛会 浦添総合病院
病院長 福本泰三

新型コロナウイルス感染症禍における当病院の体制について

謹啓 平素は当病院の運営に対し、多大なるご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、当病院においては救命救急センターの機能を維持しつつ、沖縄県における新型コロナウイルス感染症重点医療機関として重症及び中等症患者の対応を行って参りました。その様な中、これまで経験したことのない陽性患者の増加に対応を図る為には、より一層の医療資源の集約が必要だと判断し、当面の間、診療体制を下記の通りと致します。
 つきましては、昨年来、様々な形でご協力をお願いし続けている中にはございますが、苦渋の決断となります事をご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

                                謹白

新型コロナウイルス感染症禍における当面の診療体制について

  1. 一般外来の診療を8月24日(火)より停止させて頂きます。患者さんの状態から主治医の判断により、電話診療または直接来院頂く形での診療と致します。
  2. 救急外来については、引き続きコロナおよび非コロナの重症度の極めて高い3次救急の対応により特化いたします。その為、紹介頂いたにもかかわらず、お受けできない場合がございます。その際は症状に応じて他の医療機関をご紹介する等、適切に対応致します。
  3. 予定手術や特殊な検査、処置等については、急病や進行性の疾病等に限定した対応を継続致します。主治医より患者さんにご連絡申し上げ、改めての日程調整等をさせて頂く形で対応致します。

※期間については、沖縄県の状況を鑑み判断する事としています。
 今後当院の体制に変更等生じましたら、適宜、ご報告させて頂きます