病院総合内科

診療内容

入院患者さんのかかえる様々な問題に対応できる内科、病院総合内科のご紹介です。
昨今、高齢化の進んだ我が国において、入院患者さんに大きな変化が2つおこっています。1つ目は、一人の患者さんが複数の病気を持つようになっていることです。2つ目は病気だけではなく、介護を要したり、周りの助けを得られないなど社会的な問題をもった患者さんを、特定の分野の専門医がもれなく対応するのは容易ではありません。
当院では、こういった状況を踏まえ、ホスピタリストのシステムを導入した「病院総合内科」を2019年4月に立ち上げました。当科は様々な病気をもつ入院患者さんを担当し、患者さんの抱える問題すべてに対応します。もちろん、専門医ならではの知恵、検査や治療が必要な場合には専門医の協力を得ます。ホスピタリストのシステムは欧米においては20年以上前から導入されており、その後患者さんの受ける医療の質が改善したと言う科学的データが蓄積されています。これをうけてアジア各国でも病院総合内科システムが導入されてきています。
病院総合内科では専門医、また各医療技術職(看護、薬剤、栄養、リハビリテーション等)と連携し、患者さんに質の高い医療を提供し、患者さんの生き方や暮らしを考慮した退院後の行き先を決めるお手伝いをします。「病院総合内科」の「病院」は、「病院一丸となって患者さんをみていく」という決意を表しています。

診療特色

【入院】
主に一般病棟の入院患者さんを担当します。救急外来から一般病棟へ入院する患者さんや、他の専門診療科から相談があった患者さんの診療をしています。重症の患者さんは、これまで通り救急集中治療部が担当しますが、集中治療を経て病状が落ち着いた患者さんが一般病棟へ移動した際も、当科で引き継いでみてまいります。病院総合内科では、患者さんが入院した原因の診断・治療のみならず、併存疾患に対する対応も行います。近年問題となっているポリファーマシー(内服薬の数が多すぎる)、予防接種、栄養指導、禁煙指導といった医療も一人一人の患者さんにあわせて取り組んでいきます。

【外来】
基本的には患者さんの症状に限定せず診療を行っていますが、原因不明の発熱など、診断が難しい病状の患者さんに対応しています。また、診断できた際には適切な診療科や医療機関との連携を行います。

 

担当医師と専門分野等

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
金城 俊一 1990年 総合内科 日本医師会 認定産業医
日本専門医機構 総合診療領域 特任指導医
鈴木 智晴 2011年 総合内科
医療の質・患者安全
日本内科学会 総合内科専門医
ICLSプロバイダー
ACLS_EP
日本緩和医療学会 緩和ケア研修会修了
日本シュミレーション学会 CVC指導者養成コース修了
Harvard Medical School Introduction to Clinical Research
Training couse修了
末松 聡史 2011年 消化器内科 日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本プライマリケア連合会 プライマリケア認定医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
栗原 健 2015年 総合内科
医療の質・患者安全
日本内科学会 認定内科医
公益社団法人 日米医学医療交流財団 日本版ホスピタリスト初代助成者
ICLS/ISLSプロバイダー
TNT修了