救命救急センターとは

急性心筋梗塞、脳卒中、頭部外傷など二次救急で対応できない複数診療科領域の重篤な患者に対し高度な医療技術を提供する三次救急医療機関のこと。

救急集中治療部

診療内容

総合病院併設型救命救急センターで、救急集中治療部が中心となって救命救急センターを運営しています。風邪などの軽症から多発性外傷、心肺停止などの重傷まで救命救急センターで診療しています。各専門診療科には必要に応じてコンサルトし緊急内視鏡や心カテ、緊急手術を24時間体制で行っています。
院内外の研修医も多数受け入れ、チーム医療を行いながらも屋根瓦式のシステムで運営しています。

救急外来患者数

救急受診患者数 救急者搬送患者数
2017年(H29年) 21,866 5,025
2018年(H30年) 21,245 5,075
2019年(R1年) 21,632 5,357

診療特色

沖縄県ドクターヘリ・浦添総合病院ドクターカーによる病院前救急診療とER、集中治療を3つの柱にしています。
2017年度より、救急集中治療部スタッフを、救急医療(病院前救急診療やER)と集中治療に業務を分担し、より各部門に特化した形で従事できるようにしました。これにより密度の高い治療と若手医師の研修が可能になると考えています。
病院前における重症外傷への対応として、院外でのREBOA(Resuscitative Endo-vascular Balloon Occlusion of the Aorta:大動脈遮断バルーン)挿入や、VAECMO(Veno-Arterial Extracorporeal membrane oxygenation)の開始について積極的に取り組みを7開始しようと考えています。
そして、従来通り、急性期血液浄化やECPR(Eext-corporeal cardiopulmonary resusciation)、VV-ECMO(Veno-Venous Extracorporeal membrane oxygenation)、低体温療法などに積極的に取り組んでいます。

浦添総合病院ドクターカー

2012年4月から浦添総合病院では、ドクターカーシステムを開始しました。ドクターカーとは、ドクターヘリと同じように現場に医療を早期投入することを目的としています。医師、看護師を乗せて出動し、救急隊と協力して初期治療に当たります。心肺停止、重症外傷、脳梗塞、心筋梗塞など緊急度の高い疾患に効果を発揮します。現在は、朝9時~夕方5時までの運行ですが、スタッフの育成と増員に従って順次時間を延長して行く予定です。

ドクターカー搬送数

総要請件数 実搬送数 不搬送 キャンセル 未出動
2017年(H29) 668 404 13 228 30
2018年(H30) 735 488 21 220 42
2019年(R1) 1,228 703 33 455 54

沖縄県ドクターへリ ”てぃーだヘリ”

 2005年7月にU-PITS(ユーピッツ)として病院の自主財源により救急ヘリコプター事業が開始され、2008年12月より沖縄県ドクターヘリとして運搬を開始しました。
ドクターヘリとは、救命救急センターの医師及び看護師が搭乗して救急現場などに出動し、傷病者の治療を行いながら医療機関に速やかに搬送することで、救命率の向上及び後遺症の軽減に努めることを目的としています。 一方で沖縄県には有人離島が多いため、離島で医療を完結できない患者様の搬送も行っています。
2015年に沖縄県消防指令センターが開設され、ドクターヘリの消防からのいわゆる現場要請が増加しています。
2016年12月には、読谷村から浦添市へ沖縄県ドクターヘリ基地の移転を終了しました。
今後も沖縄県の医療に貢献し、地域に密着した活動を目指しています。

ドクターヘリ搬送数

総要請件数 出動件数 不搬送 キャンセル
2017年(H29) 696 618 41 97
2018年(H30) 729 628 42 125
2019年(R1) 655 541 26 136

検査・治療一覧

本邦における院外心停止に対するExtracorporeal Cardiopulmonary Resuscitation(ECPR)する多施設後ろ向き観察研究(SEVE-J Ⅱ study) についてはコチラをご覧下さい。

担当医師と専門分野等

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
米盛 輝武 1997年 救急医療
脳神経外科
病院前救急診療・
災害医療
日本救急医学会 救急科専門医
日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本航空医療学会 航空医療医師指導者、評議員
ICD協議会認定インフェクションコントロールドクター
ICLS認定コースディレクター
ICLS認定ワークショップディレクター
ISLS認定ファシリテーター
ISLS認定コースコーディネーター
JPTEC九州世話人・幹事
JPTEC認定インストラクター
日本救急医学会九州地方会評議員
沖縄県災害医療コーディネーター
日本DMAT隊員統括DMAT資格
那須 道高 2004年 集中治療
救急医療
総合診療
日本集中治療医学会 認定集中治療専門医
日本救急医学会 救急科専門医
日本内科学会 総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリケア認定・指導医
ICLS認定コースディレクター
ICLS認定ワークショップディレクター
JATECインストラクター
JMECCインストラクター
日本DMAT隊員
北原 佑介 2006年 救急医療 日本救急医学会 救急科専門医
ICLS認定コースディレクター
岩永 航 2009年 集中治療 日本救急医学会 救急科専門医
日本集中治療医学会 認定集中治療専門医
日本航空医療学会 航空医療医師指導者
加藤 雅也 2003年 救急医療
急性期外科
日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学科 外科専門医
日本DMAT隊員
窪田 圭志 2010年 救急医療 日本救急医学会 救急科専門医
日本小児科学会 小児科専門医
日本DMAT隊員
高橋 公子 2012年 救急医療 日本救急医学会 救急科専門医
日本内科学会 認定医
梅谷 一公 2013年 救急医療 日本救急医学会 救急科専門医
日本内科学会 認定医
ICLS認定インストラクター
JPTEC認定インストラクター
PBECインストラクター
勝田 充重 2013年 救急医療 日本内科学会 認定医
小出 俊一 2013年 救急医療 日本救急医学会 救急科専門医
日本内科学会 認定医
JATECインストラクター
鈴木 祥子 2013年 救急医療

非常勤医師
○屋宜 亮兵 ゆずりは訪問診療所院長
○宮川 幸子 福岡大学病院
○穂積 拓考 あいち小児保険医療総合センター