歯科口腔外科

診療内容

 当科では、抜歯・外傷・炎症・嚢胞・顎関節疾患・口腔粘膜疾患などの一般的な口腔外科治療をはじめ、腫瘍に関しても琉球大学病院歯科口腔外科と連携をとり、多岐にわたり様々な疾患の治療に対応しております。
また、心疾患・糖尿病・脳血管障害、骨粗鬆症などの疾患のある方の抜歯などの外科処置も他科との連携により治療を行っております。
 摂食嚥下機能低下の方に対し、嚥下内視鏡を使用し、検査及び指導を行っております。

【主にこのような症状を扱っています】

  • 歯または歯ぐきの痛みがあり、あごのほうまで腫れてきた。
  • 親知らずを抜きたい。
  • 顎が痛い、カクカク音がする、口が開かない。
  • 顎をぶつけて、かみ合わせがずれている。
  • 舌がヒリヒリする、熱い感じがする。
  • 口内炎がなかなか治らない。
  • 食べ物が飲み込みづらい。

診療特色

  • 顎顔面外傷:交通事故、スポーツ、転倒などによる歯や下顎の骨折の治療を行っています。
  • 睡眠時無呼吸症候群:睡眠時無呼吸症候群、いびきに対する口腔内装置を作製しています。
  • 周術期口腔機能管理:当院で手術を受けられる方の手術前後や化学療法中の口腔機能管理を行っています。

医療機器・設備

  • 歯科用ポータブルユニット
  • 嚥下内視鏡

担当医師と専門分野等

歯科口腔外科医長

牧志 祥子

歯科医師

小山 宏樹

歯科医師

宮良 久美子

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
牧志 祥子 2002年 口腔外科一般 歯科医師臨床研修指導医
障害者歯科学会認定医
小山 宏樹 1995年 口腔外科一般
摂食嚥下
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
歯科医師臨床研修指導医
日本口腔科学会認定医
宮良 久美子 2011年 口腔外科一般  

非常勤医師
○中村 博幸   琉球大学病院 歯科口腔外科教授
〇仲宗根 敏幸  琉球大学病院 歯科口腔外科講師
○梶浦由加里