病理診断科

診療内容

 生検・手術材料の病理組織診断、細胞診のほか、術中の迅速診断や迅速細胞診、病理解剖に対応しています。診断に際しては通常の染色のほか、免疫染色なども駆使して「正確な診断を早く」をモットーに行っています。琉球大学病院や県内外の病理医と連携を行って診断精度の向上にも努めております。

診療特徴

 当病院の診療料の特色に関連して、手術材料とてしては、消化器外科(肝胆膵外科、上部/下部消化器外科)、甲状腺外科、乳腺外科、呼吸器外科などの症例が多く、生検・細胞診としては、消化管内視鏡・気管支鏡の検体や肝胆膵領域の検体が主体となっています。

診療特色

 他科とのカンファレンスも積極的に行っており、連携して、学会発表や論文作成なども行っています。
また、化学療法に対する新しい試みとして、新しい知見を実際の臨床の抗癌剤治療に結びつけられるように、慶応大学のエキスパートパネル会議にwebで参加しています。

担当医師と専門分野等

病理診断科部長

松﨑 晶子

氏名 卒業年 専門分野 学会専門医・他
松﨑 晶子 1988年 外科病理 医学博士
日本病理学会 病理専門医・病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医
死体解剖資格